トライアウト その2

祐司は胸が踊った。
山田としてではあるが、憧れのメジャーで投げられるのだ。
まだ、この不可思議な状態には慣れていないが、おそらく
夢の中みたいなものだろう。
そうとでも考えないと説明が付かない。
明日になれば、自分のベットで目が覚めるのかも知れない。
いや、死ぬつもりで睡眠薬を多量に飲んだから、天国に行く前に
神様がご褒美をくれているのかも知れない。
兎に角、この夢のようなチャンスを楽しもう。

祐司はブルペンで投げて見た。
ズッバーン!!
軽く投げているのにこの威力!
凄い球威だ。
祐司は、今までこんな凄い球を投げたことが無かった。
山田、お前は本当に恵まれていたんだな。
これならどんな打者だって打ち取れる。

さあ、試合開始だ。
相手はニューヨークヤンキース。
相手にとって不足はない。
球場の陰では山内が祈るようにこっちを見ていた。
1番イタロー。
言わずと知れたイタローだ。

ブーブーブー

キョウノセンパツハ、サイキンウチコマレテイル ヤマダ
カイジョウハブーイングガオコッテイマス

祐司は投げた。
自分の頭脳的ピッチングに山田の球威があれば
絶対に打たれない!
速い球で内角を突き、次に外角低め
そして最後はスローカーブ。
イタローは全くタイミングが合わず三振。

球場にどよめきが起きる。
今までと違った山田の配球。
なんと7回までパーフェクトピッチング。
これが今まで、出ては打たれ、出ては打たれていたピッチャーだろうか?
結局8回に1本ヒットを打たれたものの1安打完封。
球場は沸き返った。
試合が終わると山内が抱きついて来た。

メディアは山田を取り上げた。
昨シーズンは鳴り物入りで乗り込んだ割には、4勝9敗。
ファンは失望した
おまけに今シーズンは勝ち星無しの4連敗。
相手打者に完璧に配球を読まれていた。
ところが今日は名門ヤンキーズ相手に1安打完封。
その1安打も、ボテボテの当り損ないの内安打。
あわやパーフェクトのピッチング!

山内は泣きながら叫んだ!
ブラボー!ブラボー!

祐司は人生で最高の思いだった。
祐司はついにちょっと前に人生を悲観して、睡眠薬自殺を試みたのであった。
人生は、まだまだ色んな可能性があるんだ。
俺はなんてバカなことをしたんだ。
きっとこの山田も悩み抜いていたんだんだろう。
山田のベット脇にあった睡眠薬を思い出していた。

その時、あどけなく可愛い少女が寄り添って来た。
山田の新婚の奥さん、イチゴである。
イチゴは売れないアイドルを経て、おバカタレントとして
ブレークした。
しかし実はしっかりした献身的な少女であった。
山田はその純粋なイチゴの心に惹かれた。
そんなイチゴが寄り添い、祐司は頬を紅く染めた。


山田は目が覚めた。
ううう…。
ここは何処だ?
全く見知らぬ部屋だった。
山田は霞んだ記憶を探り必死に記憶を辿っていた。
そうだ、俺は試合で負けが続き、眠れない夜が続いて
やけになって睡眠薬をがぶ飲みしたのであった。
俺は死んだのか?
いや、間違いなく生きている。
しかしなんだか変である。
身体が妙に軽い。
山田は鏡を見て、驚愕した。
そこには見慣れた顔があった。
しかしそれは山田ではない。
お、お前は伊藤?
え?いや俺が伊藤??
いったいどうなっているんだ?

山田は伊藤が戦力外になり、トライアウトを受けたが駄目だったと
風の頼りで聞いていた。
そうか、あいつも悩んでいたんだな。
しかし何故俺が伊藤になっているんだ。
そこには伊藤の遺書があった。

遺書
私は高校大学と恵まれた野球人生を送って来ました。
プロ野球に入ってもそれは続くと思っていました。
それは突然やって来ました。
肩の激痛。
私はリハビリに努めました。
しかしリハビリは思うように行かず
また長期離脱で焦り、完治してなくても状態が改善すれば
復帰し、また痛めると言う状態でした。
やっと完治し、これからだと言う時に解雇されてしまいました。
望みのトライアウトも自分には手応えがありましたが
採用にはなりませんでした。
もう生きる希望がありません。
先立つ不孝をお許し下さい。

伊藤祐司

なんてバカな奴なんだ!
山田は憤慨した。
これくらいの挫折で自殺なんかしやがって!
しかし何故俺が伊藤の身体になってしまったんだ?
山田はマネージャーの山内に電話した。


山内は感激していた。
あれだけ打ち込まれていた山田が、生まれ変わったようなピッチング!
あわやパーフェクトと言う出来だった。
山内は山田の復活に酔いしれていた。
その時、山内の携帯が鳴った。

もしもし俺だ、山田だ!
え?
山田はあそこにいるぞ。
そいつは俺じゃない。いや、本物の山田じゃない。
おそらく、そいつの中身は伊藤だ。
え?じゃあの話は本当だったのか?
山内は蒼ざめた。

テレビをつけると山田の活躍が報じられていた。
クソッあいつやってくれたな。
ふふふ…。
伊藤にしてやられたと、思わず笑みがこぼれた。

その時、伊藤の携帯が鳴った。
はい、山田、いや伊藤です。
え?ソフトバンクさんが…?
ええ、トライアウトでは良いところもあったので
もう一度テストしてみたい。
一度福岡に来て頂けませんか?
ソフトバンクとしては、人気者の伊藤が入れば、興行的にも
話題になる。
上手く行けば儲けもんと言うくらいのところだった。

あいつがやってくれたんだ。
今度は俺の番だぜ!
あいつは考え過ぎなんだ!
もっと思い切りに行かなきゃ、通用しないぜ!
正志は福岡に乗り込んだ。

福岡に乗り込む正志。
果たして、伊藤の身体で通用するのか?

次回につづく

コメントの投稿

非公開コメント

トライアウトその2

お互い入れ替わった事によって...

お互いの気持ちも分かるようになりつつ

全く不思議な...今後の展開も気になりますねv-354

yumeさん

初めの1行がお返事のコメントでした。

その後が続きです。

そうです。
野球選手は家を空けるのが多いですからね。

心姫さん

続きを楽しみに来てくれてありがとう♪
とても励みになります。

2人は元に戻るのか?
結末は何も考えていません。
ガッカリした結末にならないようにしたいですね。


早速記者会見が行われた。
伊藤祐司 ホークス入り!
このニュースはあっと言う間に日本全国、いやアメリカの祐司の耳にも入った。
祐司は、山田が祐司の身体に入っていることを聞かされていた。
そうか…。
さすが山田だな、俺がどんなに頑張ってもトライアウトでさえ
上手く行かなかった物をあっさりホークス入りを決めやがって…。
何を言ってるんだ。
その山田でさえ、なかなか通用しなかったメジャーであんなピッチングを
披露したのに、お前ももっと自信を持てよ!
山内が上機嫌で話した。
裕司も少しずつ、今の環境に慣れ始めていた。
自分の身体に山田が入っている。
全く不思議だった
そんなドラマを見たことはあるが、まさか自分の身に起こるとは夢にも思っていなかった。

No title

そうネ...e-45野球選手の奥さんにとっては
一緒にいるのは貴重な時間ですネ(´▽`)ノ

だけど山田クンにとっては、当然ヒヤヒヤ!...

二人の入れ替わりは今後☆またのお楽しみかナ?v-354

イチゴさん

うんうん、夫を立てる。
子作りには大切ですよねって、下ネタは置いておいて。
献身的な姿はイチゴさんのイメージそのものですね。^^;

祐司は興奮さめぬまま家に帰った。
山田の新居にである。
当然、イチゴと2人きり…。
この場合、どうすれば良いのだろう?
貴方、今日はナイスピッチング!
野球選手は1年の半分はロードに出て、家を留守にする。
奥さんにとっては、一緒にいるのは貴重な時間なのだ。
イチゴは甘えて来た。
ねぇ〜v-343
顔が赤くなる祐司…。
そこへ山内がやって来て、祐司を連れ去って行った。
奥さん、すみません。
大事なミーティングがありますので…。
山内は山田からくれぐれも伊藤とイチゴを一緒にさせるなと言われていた。
当然と言えば当然だある。
可哀想なイチゴであった。

No title

これはコメントではなく、続きの物語だよね(笑


え?ホンマでっか?(笑
つい、ホンマでっかTVを思いだしました(´▽`)ノ

で...入れ替わったまま伊藤クンがホークスに!

今後も楽しみで~すv-354

こんばんは~

待ってましたよ、続き。
お互い入れ替わったことで、
人生見直すことができそうかな~。

って思ってたら、すでにコメント欄に続きが。
二人はいつ元に戻るんでしょう。

yumeさんへ

入れ替わった伊藤の身体でどう言う展開になって行くのでしょうね。

ヤフオクドーム、しかし2軍は西戸崎のグランドで練習だった。
正志は、そこでテストされることになった。

よう祐ちゃん、来てくれたな。
はい、よろしくお願いします。
よし早速着替えてもらおうか?
分かりました。
いきなりテストか…。
まだこいつの身体に慣れとらんのになあ…。
まぁ、そんな泣き言言っとられんな。
あいつはメジャーで活躍したんやさかい、俺も負けとられんな。

よし、充分身体を解してくれよ。
正志は小一時間身体を動かして、軽くウォーミングアップをした。
どれ、どれ位の球がほうれるんかな?
正志は軽く投げ始めた。
バシッ!バシッ!
結構シャープな球が行くな。

ほい、いつでも良いですよ。
そうか?
じや松外、お前行け。
イキナリ元主砲の松外である。
松外が三冠王を取ったのは、正志も記憶に残っている。
いきなりごっつい相手やな…。
ほな!行くで!
ズバーンッ!
初球、ど真ん中に速球!
おおっ、大胆な攻めやな。
祐ちゃんは、技巧派と思っとたけど、なんか吹っ切れたかんじやな。
次は内角にストレート!
最後は外角低めに速い球。
全てストレートだった。
なんだか生き生きしていますね。
広報の田坂が言った。
んー、まだまだや!
次、中森!
ホークスの若手のポープ中森の登場だ。
今シーズン活躍して、1番のポジションを
奪い取った、絶好調の中森だ。
中森に対しても、初球ど真ん中のストレート!
気迫がこもる投球だった。
中森は正志の気迫に押される形で内野ゴロに倒れた。
やるな!
次は4番候補の松駄だ。
これまた初球、ど真ん中のストレート!
打てるもんなら打ってみろ!
と言う気迫が伝わって来る。

良し、もう良い!
監督の春山が言った。
伊藤くん、合格だ。
ようこそ、ホークスへ。
え?ホンマでっか?


なにより伊藤の気迫を春山は買った。
監督、いきなり決めて大丈夫ですか?
もっとテストしたほうが…。
ピッチャーに取って、一番大事なものは、
速い球や技術じゃない!
打者に向かう気迫だ!
俺はあいつの気迫に賭けてみるよ。
こうして伊藤のホークス入りが決まった。

おはようございます。
やはり、人間、立場が変われば、色々と考えが変わりますよね。
深い物語だと思います。
イタローさんは、なかなかグーです(^-^)/
献身的な妻、イチゴも、あの方に重なり、グーです!
私も献身的な妻なんですよ~☆夫の3歩後ろを歩き、常に夫を立てています(笑)??

☆トライアウト 2☆

入れ替わった二人の今後...v-353

そして、伊藤の身体で福岡での活躍?...

物語も奥深くなり☆今後の展開にさらに期待ですねv-354

...名前のイタローには、 ウケますネ(´▽`)ノ

プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }