スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スター誕生物語」その後 その3 探偵と魔女

みなさん、ご訪問ありがとうございます。
なんとなく浮かんで来ました。

ランスロットは思った。
これは、以前同じようなことがあったような気がする。
何なんだろう…。
思い出せない。
なにか呪文のようなものがあったような気がした。

ランスロットは助手のイチゴに連絡した。
イチゴはランスロットの助手であり、恋人であった。
ランスロットはBARに戻り、イチゴと落ち合った。
ランスロットは、イチゴにこれまでの経緯を話した。
イチゴは勘の鋭い女である。
そう、それは妙な話しね。
それにあなたが感じた呪文のような感覚。
ススキノのとある一画に占いの館yumeと言うのがあるわ。
一度覗いて見ては?
本当に勘の鋭い女である。

ランスロットは、占いの館yumeに足を運んだ。

そこで思わぬ展開が待ち受けていた。
ランスロットの意外な真実も明らかにされる。

探偵ランスロットはススキノの街を歩いていた。
福岡の中洲とともに日本を代表する歓楽街。
イチゴから教えてもらった地図を片手に歩いていた。

その時、ちょっと兄ちゃん、顔貸せや。
街のゴロツキどもがランスロットの周りを取り囲んだ。
兄ちゃん、観光客かいの?
俺ら、ちょっと小遣いに困ってんやけど
少し貸してくれんかの?

兄ちゃん達、それは俺に言ってんのか?
俯き加減のランスロットの顔が変わった。
う、ちょっとこいつはヤバイぜ。
ゴロツキの1人が言った。
しかしもう遅かった。

ここでは表現できないほどの標榜で
ランスロットはゴロツキ達に襲いかかった。
ランスロットが去った後にはゴロツキたちの残骸が転がっていた。

冷たい風がランスロットの頬を撫でた。
ランスロットは昨夜のイチゴとのひと時を思い返した。
そろそろ一緒になるのも良いかもなと
ふと思いながら
いやいや〜、結婚なんて俺の柄じゃ無いぜと打ち消した。

細い角を曲がると、それはあった。
占いの部屋yume
如何わしい風俗の店のような感じだった。

20131219224819877.jpg


薄暗い路地を抜け、ランスロットは店の前に立った。
ランスロットは唾を飲み込みドアを開けた。

ドアを開けると、そこは真っ暗だった。
さすがのランスロットも一瞬躊躇したが中に入って行った。
ドアが閉まると部屋は真っ暗になった。
奇妙な音が流れ出した。
その真っ暗な中で、どこからか声が聞こえて来た。

ホーホホホホホ。。。。。

ランスロットさん、お久しぶり…。
誰だ、何故俺の名前を知っている!
ふふふふ…。
あなたがここに現れることは知っていましたよ。
ずっと前からね。
ど、どういうことだ!

ランスロットの
目が慣れてきたのか、部屋が明るくなったのか
ぼんやり女の姿が浮かんで来た。

ランスロット、久しぶり。
私の事を覚えていない?
そうよね。
記憶を消したのは私。

それでは思い出させてあげましょう。
女は黄色く光る杖を振った。

うあああああああ…。。。。。

ランスロットは雪の中、走っていた。
何かに追われている。
いたぞ!
あっちだ!
ランスロットは雪の中、逃げて逃げて逃げ回っていた。
手にはピストルを握りしめている。
だんだん蘇ってくる記憶。
ランスロットは、知り合いに騙され、借金を負わされ
その金の返済のため銀行を襲い、逃げるとに行員を撃ってしまった。
蘇る記憶。
ランスロットは、愕然とした。
自分は刑事じゃなく、凶悪犯の方だったのである。

そ、そんなバカな!

ランスロットは、刑事たちに取り囲まれた。
ランスロットは、その合間を抜け出し、ビルの谷間から
飛び降りた。

ガタンッ!

そこはyumeの館の暗い部屋だった。
ふふふふ。
どう?
思い出した?

ランスロットは全てを思い出した。
そうだった。
俺はここに逃げ込んで来たんだ。
そして俺はあんたに会った。

そうそしてお前は私の条件を飲んで別の人間として
生きる道を望んだ。

ふふふふ。。。
条件は覚えている?

そうだった。
思い出した。

その条件とは…。


条件とは何なのか?
ランスロットの驚愕の素性。
この後の展開は如何に?

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~

yume魔女は色んな人に色んな条件を出して
多分、救ってくれてるんでしょうね。

人生やり直したくなったら「占いの館」へ・・・・・

こんにちは

yumeさ~~ん!
ランスロットさんに、どのような条件を出したの??
お手柔らかに~~v-404

yumeさん

yumeさん
ご訪問ありがとうございます。
どんな占いが出るのでしょう?

キャー登場してる~\(^o^)/
ありがとうございます!
気になりすぎますねー。か.な.り。

No title

今後..うふふ♪何を占いましょう~~v-353

*:?゚・*:.。..。.:*・゜*:?゚・*:.。..。.:*・゜??

プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。