あなたに会いに来たの その14

あなたに会いに来たの その14

学園祭、僕たちのクラスは演劇をやる事になった。

題名は「ロミオ」

現代版「ロミオジュリエット」だ。

ある田舎町、ふたつの金持ちの家があった。

両家は互いにいがみ合い、憎しみ合っていた。

そしてその両家の娘と息子が恋に落ちてしまうと言うお馴染みの話だ。

そのオーデション。

いよいよ僕の番が回って来た。

緊張が走る。

もちろん僕が主役を狙えるはずなんて無く、選ばれるはずも無かった。

でも、姫野さんの演技を見た時

姫野さんと一緒にやれたら良いなぁと心の片隅で思った。

そんな中、僕の番だ。

僕は台本を読み始めた。

と…。

あれ?

教室の中のはずなのに

ここはどこだ?

目の前には、舞台の町の情景が広がって来た。

そして僕の前にはジュリエットが…。

「さあ、僕と一緒に逃げよ!

君とふたりならきっと、逃げおおせるよ。」

僕はジュリエットに叫んだ。

「え?駆け落ち?

ダメよ。すぐ捕まってしまうわ。

でも、あなたとなら…。」

あの姫野さんが読んだ台詞が返ってくる。

僕はジュリエットと見つめ合いながら

彼女の手を取って走り出した。

寒い雪の日だった。

彼女の手はとても暖かく感じた。

その時だった。

「はーい!カット!」

と言う声が聞こえた。

委員長の声だ。

あれ?

教室の中だ?

僕は渡辺の手を握っていた。

「ははは!村田、とても良かったぞ!

お前にこんな演技の才能があったなんてビックリしたよ。」

委員長が拍手をしながらそう言った。

するとクラスのみんなも拍手をしてくれた。

姫野さんも拍手をしてくれている。

20161017172717eb4.jpg


「お、おい!

もう手を放してくれないか?」

渡辺がちょっと頬を赤らめながらそう言った。



コメントの投稿

非公開コメント

yumeさん

おはよーございます♪

姫野さんとメグちゃんが一瞬だけ入れ替わっている。
楽しい発想ですね。
メグのおまじないで、開花した演技の才能。
憧れの姫野さんとの恋。
バラ色かと思われた展開も…。

No title

姫野さんと、メグちゃんが
一瞬だけ、入れ代わっていたとか?
…まさかね〜♪(*^^*)笑

No title

現代版 「ロミオ」ですか♡v-32
教室なのに…一瞬、不思議な世界へ…?

村田君、実力以上の頑張りだったのでしょうね!
これには、あのメグの…v-32かな!?
どんな展開に?⋆。˚✩
渡辺君も(#^.^#) 勘太さんの楽しい発想に!笑

のんびり屋さん

こんにちは〜♪
読んでくれてありがとうございます。

現実と夢の世界を行き来出来るというより
物語の世界に入り込めるといった感じのほうが
近いような気がします。

No title

お~(^o^)丿 
現実と夢の世界を行き来できる、
素敵な才能を身に着けたのでしょうか(#^.^#)
これはもしかして。。。 続きが楽しみですね~♪
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }