スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サタンがキリストに?

みなさん、ご訪問ありがとうございます。
忙しくすっかり更新をおサボりしていました。
って、毎回言っているような気がしますね。(⌒-⌒; )

前回の続きなんですが、新たなタイトルで

「サタンがキリストに?」


プロローグ

悪魔の大魔王サタンは、全能の神ゼウスとの戦いに敗れ

命かながら逃げ出し、力尽きて地上に堕ちてしまった。

そこで人間の娘マリアと出会ったのだった。

マリアは優しくサタンを看病し

ふたりは自然と恋に堕ちてしまった。

しかしふたりの幸せは長くは続かなかった。

全能の神ゼウスが遂にサタンの居所を突き止め、サタンを捕らえたのだった。

サタンが居なくなった寂しさで、マリアは病にかかり

サタンの帰りを待ち侘びながら命の火は消えた。

マリアの不幸を知ったサタンの哀しみは凄まじかった。

哀しみのパワーはやり場もなく暴発した。

それは全能の神ゼウスさえ抑えられない程だった。

サタンはゼウスの牢から脱出し、魔界に身を潜めた。

サタンは、魔界でマリアの事を思い続けた。

そしてマリアが貧しい子供達に愛を配っていたのを思い出したのだ。

サタンはマリアの意志を継いで、マリアが亡くなった日に

子供達にプレゼントを配り続け

サタンは、いつの間にかサンタと呼ばれるようになっていた。

サタンとサンタって、名前が似ていますね。

そんなある日…。


〜物語の始まり〜


サタンは今年もマリアの意志を継ぎ

子供達へのプレゼントを用意していた。

自分がゼウスによって捉えられている間に

冬の寒い日にマリアは病に倒れて亡くなった。

マリアを思い出す度に涙がこぼれる。

サタンはマリアへの罪滅ぼしのように子供達にプレゼントを

配り続けた。

そんな時、サタンに思いもよらぬ出来事が起こったのだった。

サタンがトナカイのソリに乗って、プレゼントを子供達に

配っている時だった。

突然周りが光だした。

「サタンよ!何をしいおるのじゃ!」

サタンの前に全能の神ゼウスが立ちはだかったのだ。

「悪魔のくせに慈善事業のつもりか?

笑わせるぜ!

こう言う事は、我々神の仕事なのだ!

悪魔のお前は悪魔らしくしておくが良い!」

ゼウスはサタンを睨みつけて言った。

201508140951495a3.jpg


「何を勝手な事を!

俺様が何をしようと俺様の勝手だ!

邪魔をするで無い!」

悪魔と神の戦いが始まろうとしていた。

「ホホホホ…。

そんなに神の真似事がしたいのであればさせて上げよう!」

ゼウスはそう言って、杖をかざ振りサタンに光る光線を浴びせた!

不意をつかれたサタンはその光線をまともに浴びてしまったのだ!




「うああああああ!」






どれ程の月日が流れたのだろう…。

サタンは目覚めた。

悪魔としての記憶も消されてしまった。

サタンは人間の子として、人間界に生まれたのだ。

母マリアは神の子を授かり産んだ。

サタンは神の子、キリストとして人間界に生まれたのだった。

20150814101332079.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

心姫さん

おはようございます〜♪

サタンがサンタに
それからキリストに…。
って、飛んでもないお話になって来ました。
さてさて、どんな展開になって行くのでしょう?



キリストは中東ユダヤのベツレヘムで父ヨセフ母のマリアの
子として生まれた。
青年期キリストは、父ヨセフの大工仕事の手伝いをしていた。

これまで数々の奇跡を起こして来たが
サタン・キリストにとっては、奇跡でも何でもなかった。
生まれた時から、色々な能力が携わっていたのだった。
しかしそれを敢えて見せぶらかす事もなく過ごしていた。
それでも困っている人を見ると、ついその能力を使い助けてあげていた。
次第にその能力は噂になり、神の子と崇められるようになっていたのだ。

キリストは、のんびり遠くを見つめていた。
旧約聖書を読み、その他の予言書も読みあさった。
しかし自分のこのような能力について書かれている書物はなかった。

そんな時、キリストの元にある人物が訪ねて来た。
「すみません、神の子キリスト様のお住まいはこちらでしょうか?」
その男は、父ヨセフに尋ねた。
「へっ?神の子だって?
あいつは俺と家内の子だ!
そんな神の子なんかじゃねえよ。」
ヨセフは、その男をジロリと睨みつけ言った。

困惑した男を見て
「まあ、その辺をウロウロしているだろうよ。
直ぐに仕事をサボってぼーっとしているからよ。」

男はガリラヤ湖の畔からやって来ていた。
そこには悪霊が蔓延り、疫病が流行り苦しんでいたのだ。
「このままじゃ村は全滅してしまう。」
男はキリストの噂を聞き、救いを求めてこのナザレの地に
やって来たのだった。

男は言われた方向を探し、1人の男を見つけた。
なんと言うオーラだ。
まるで身体中が光っているように見える。
噂は本当だったんだ。

「キリスト様、お願いです。
私達をお助け下さい。」
男はすがるような思いでキリストに言った。

キリストはただただ微笑み
「あなたが来られることは分かっていました。
大丈夫、私がお助けいたしましょう。」
まさに神の子の微笑みだった。

キリストは男と共に、まる1日歩き続け
ガリラヤ湖を渡った。

そこはキリストの想像以上に荒れ荒んでいた。
そしてなんとも言われぬ悪霊の気配が漂っていた。
そこは悪魔ドルフェドールの住処だったのである。

サタン・キリストと悪魔ドルフェドールの闘いが始まる。
人間として生まれたサタンは
悪魔ドルフェドールに勝つ事が出来るのだろうか?

なんと~!

サタンがサンタになり、
さらにキリストに!!
コレは今後の展開が楽しみですね~。
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。