スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもんと僕…その後7

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

魔女が創り出した幻想の世界から
金の糸を登り、やっと抜け出した僕。

しかし幻想の世界の人物だった筈の親方も一緒に金の糸を登ってやって来たのだ。
実はその親方の正体は…。


「ドラえもんと僕…その後7」


突然、辺りが暗くなり
雷が鳴り響き出した。

「こ、これは…。」
魔女のソルシエールが恐怖に震え出す。

20150630192448e77.jpg

親方の姿が黙々と大きく盛り上がり出した。
そして魔界の大魔王サタンへと変貌して行ったのだ!

「あっ!お父様!」
なんと親方は、サタンが化けていたのであった。

「ガハハハハハ〜!
ワシは親方になり、お主をずっと見ておったのじゃ。」

サタンはギロリと僕を睨み付けた。
そしてサタンが手を振ると大きな風が吹き
ピオの姿がミヨコに変わった。

「あっ!ミヨコ!
ピオはミヨコだったの?」
僕がミヨコに聞くとミヨコは言った。

「黙ってて、ごめんなさい。
お父様に珍獣ピオの姿に変えられていたの。
そしてピオがミヨコだとあなたにばれ無いようにしていたの。
ピオが私だとあなたに暴露た時点であなたを消すと言われていたの。
本当にごめんなさい。
直ぐそばにいるのに、私だと告げれれず、とても辛かった。」

なんと驚いた事にミヨコは魔界の大魔王サタンのひとり娘だったのである。
期限付きで人間界に降りることを許されていたのだ。

そして僕と出逢い恋に落ちた。
しかし期限が来て、魔界に連れ出されていたのであった。
魔界に戻されたミヨコは、人間界に戻れるように
何度も何度も泣きながらサタンに懇願した。

僕はサタンの下部ヴェルフェゴールのちょっとした悪戯心の
魔界への道標に導かれるように此処にやって来た。

しかしその道標もサタンの命令により置かれていた物だったのである。

「わはははっは。
魔界の大魔王と呼ばれているわしも娘には弱い物じゃ。
わしはヴェルフェゴールに命じて
お前を魔界に誘うように道標を置かせたのじゃ。
わしはじっくりミヨコが愛したお前を品定目した。
大事な娘を変な男に渡すわけにはいかんからの!」
サタンはギロリと鋭い眼球で僕を睨み付けている。

そして遂にサタンは結論を告げた。
サタンの目に叶わなければ、僕は消されてしまう。

僕は一体どうなってしまうのだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございま~す♪

僕と、ミヨコさんの生活も、最初のシーンへ戻り(ミヨコが明るい声で迎えてくれた...

...なんだか、ホッとしましたね! ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

色々な展開で、ドキドキ、ワクワク 楽しませてもらいましたよ~
まだ、続くのかな?...

サタンも人間界の女性と恋に落ちたコトが??...
わぁ!面白そうですね~!

連載…? ですか"(*゚v゚*)!!

心姫さん

おはようございます〜♪
巷では、今日は七夕。
でも空は雨模様です。

「ドラえもんと僕…その後8続き」

僕は魔界から追放され、人間界に戻った。

気が付くと、手にはスーパーで買って来たお寿司が入っている。
そうだ!
僕は初めて契約が取れて、ミヨコと一緒に祝おうと
仕事の帰り、スーパーでお寿司を買って来たんだった。

でも、ミヨコは居ない…。
僕は重たい気持ちで家のドアを開けると
「あなた、お帰りなさい。」
ミヨコが明るい声で迎えてくれた。

僕は涙が溢れて来た。
こんなに妻との生活が大事だったなんて…。

「さあ、あなた一緒にご飯食べましょう。」
僕は幸せだ。

魔界での記憶は薄れて行く。
今では遠い夢の中の出来事のようだ。
きっと僕の記憶から消えてしまうのだろう。

実際、夢だったのかも知れない。
でも、僕は前の何をしてもダメだった男から
なんだか脱したような気がする。

これからは前向きに進んで行こうと思う。

「あなた、何をブツブツ言っているの?
お寿司美味しいわよ。」

魔界では…。
「ふふふ…。
サタンよ。
回りくどい判決を出してからに。
素直に2人を祝ってやれんのかの?」
魔女のソルシエールが言った。

「馬鹿者!
何を言っておる。
ワシは魔界の大魔王だぞ。
人間の寿命など、たかだか数十年。
それくらいは目を瞑ってやっても良いかも知れんと思っただけじゃ。
ワシらの数千年、数万年の命と比べたら
あっという間の寿命じゃわい。」

そう、サタンも人間界の女性と恋に落ちた事があった。
サタンは、空を見上げ人間界の恋人との楽しくも哀しい日々を
思い出していた。

次回「サタンの恋人」
連載…?

yumeさん

おはようございます〜。
昨日は一日中、事務の仕事をしていました。
明日、税理士さんが資料を取りに来ると言われて
現金仕入れのレシートや領収書を整理し
金額を計算していました。

「ドラえもんと僕…その後8」

魔界の大魔王サタン!
あの恐ろしいサタンを前にして僕は震えていた。

サタンのひとり娘ミヨコに相応しいのかをサタンから
判断されるのだ!
そしてサタンの目に叶わなければ、僕は消されてしまう。
僕はどうなってしまうのだろう。

大魔王サタンは、言った。

「お前の事は、色々見て来た。
残念ながらお前は、誠に綺麗な純粋な心の持ち主じゃった。
人を蹴落とし、裏切り卑劣な心を待たぬ奴じゃった。
そんな奴は魔界では通用せぬ!
きっと人間の世界でも落ちこぼれて行くじゃろう。
サタンのひとり娘を預けるには、相応しいとは言えぬ。

お前のような純粋な心の持ち主は魔界にも悪影響を与えかねない。
よってお前を人間界に追放する!
そしてお前の命が果てるまで、このミヨコをお前の監視役として付けよう。
2度と魔界に戻って来るでは無いぞ!」

サタンの判断は下された。
僕は魔界を追放される。
そして僕の監視役として、僕が死ぬまでミヨコをそばに付ける。

気が付けば、何処から集まって来たのであろう?
魔界の妖怪・魔物共が無数に集まって、サタンの前に伏せっていた。
これらの恐ろしい魔物達の頂点に君臨するサタン。

サタンは魔物が見守る中、大きな杖を振った。
僕とミヨコは、魔界から消えた。

「うわああぁああああああああ」

マウントエレファントさん

おはようございます。
ご訪問・コメントありがとうございます。

SoftBank、なかなか調子良いです。
先発投手を長く引っ張る工藤監督。
ピンチになっても、選手を信頼しているのが
伺えます。
そして前監督とは違って、喜びを前面に表す表情が
とても良いですね。
このまま勝ち進んでもらいたいです。

昔は地味なパ・リーグでしたが
最近は、セ・パ人気の差は無くなっているように感じます。

No title

ソフトバンク絶好調ですね。
パ・リーグのほうが素晴らしい選手が揃っていて面白いです。

僕の運命は~?

まさかの展開 面白いですね~!

魔界の世界でも、娘が可愛いのですね♡

サタンが...とはね(さすが優しいww

サタンの結論は、また楽しみですね!どうなるのかなぁ?

PS:「サタンの嫁」始まるのかな?...マジ面白そうですね!(笑

こんにちは~

親方の正体はサタンでしたか~。
合格したかな?

そらさん

お久しぶりです〜♪
ようこそ。

何ったって魔界のサタンのイラストですからね。( ̄▽ ̄)
迫力を出さないと!

もちろん可愛いイラストも描いていますよ。

No title

お久しぶりです!
ご訪問ありがとうございます。
なんだか絵に迫力がでてきましたねぇ。
トップのタイトル画が可愛くて
楽しそうで好きですわv-354

ワタやん

おはようございます。
ご訪問・コメントありがとうございます。

次の連載は「サタンの嫁」って言うことで…。

私がサタンと出会ったのは
今日のように雨降りの夜でした。
私は傘をさして交差点を渡っていると
突然、スピードを出し過ぎていた大型トラックがスリップして
交差点に突っ込んで来ました。
私はよける暇もなく…。

気が付いたら私は男の人に抱えられていました。
「危なかったですね。
もう大丈夫ですよ。
お怪我はありませんでしたか?」
私は優しい彼に助けてもらっていたのです。

大型トラックは交差点の脇のブロックに激突しています。
私はあのトラックと塀に押し潰されているところでした。
私は怖くて、泣き出してしまいました。
そして私が涙を拭いて顔を上げると
もう彼はいませんでした。

これが私と彼との出逢いでした。

No title

あらあら・・・・
スゴイ展開になって来ましたね!

こうなったら サタンの奥さん つまり ミヨコの
母親も 見たいです~ 
たぶん ・・・ もっと怖いかも? v-392
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。