スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもんと僕…その後6

みなさん、ご訪問ありがとうございます。


金の糸を登って行く僕。
果たして、登って行った先には何があるのか?
何処に出られるのだろうか?


「ドラえもんと僕…その後6」

僕は金の糸を登って行った。
果てし無く長い道程だ。
細い今にも切れそうな糸。
おまけに僕の後ろからは沢山の仲間も登って来ている。
ただただ切れない事を祈るばかりだった。

すると雲の切れ間
一点の明かりが漏れている。

20150630045538d51.jpg

「やった!
天に辿り着いたぞ!」

僕は金の糸を登り切った。
そして、そこを這い上がると

「あれ?」
そこには魔女と魔界の珍獣ピオがいた。

201506291930194bb.jpg

「ふふふ…。
良く這い上がって来たのう。
多くの者にこの糸を垂らして来たが
登り切ったのは、お前が初めてじゃ。」
魔女が僕を見て言った。

そして気が付けば、金の糸の出入り口は閉じられていた。
「あれ?親方達はどうなっちゃったの?」

「ふふふ…。
あれは、わしが創り出した世界じゃ。
幻の世界なのじゃ。」
魔女は僕に言った。

「じゃ、あの鉢巻を巻いた人は誰なの?」
ピオの言葉に振り向くと
そこには、なんと親方がいたのである。

20150629190833cfc.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

幻の世界から生まれた親方・・・。
これからどんな展開が~?

こんにちは~♪

僕は金の糸で、やっと天に辿り着いたのですね\(^o^)/

魔女が創り出した...幻の世界だったとは!びっくりデスよ(笑

これからの展開も、まだありそうですね~
でも、そこには、あの親方の姿が...(笑

まさか、ピコの...そうだったのね( ̄ー ̄)ニヤ...

それにしても、次々に発想の展開が面白いですね~☆
...どうなるのだろうv-353




プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。