スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもんと僕…その後5

みなさん、ご訪問ありがとうございます。



「ドラえもんと僕…その後5」

「イヒヒヒヒ…。
見てみな
お前の大好きな男の本性が暴かれるぞっ」
魔女はそう言って、ピオに水晶に映る僕がいる工事現場を見せた。

20150627203843ee6.jpg

そこには、金の糸にしがみついている僕が映っていた。
今にも切れそうな細い金の糸。

そして下からは多勢の労働者達が僕の後を追うように
金の糸を登って来ている。

「うわぁあぁあ!
このままじゃ糸が切れてしまうよう。」

後を追って来る労働者達の中に親方の顔があった。
「うわっ!ヤバイッ!
親方が追って来ている!
何とかしなくちゃ!」

すると…。
「おーい!待ってくれ!
俺も連れて行ってくれ!
ワテも此処から脱出したいんや!
ワテもみんなと同じ、借金を背負わされて
此処に放り込まれたんや!
会社から無理矢理あんなムチを振り回す役を
やらされているんや!」

20150628063458d5d.jpg

なんと言う事だ!
会社側の人間だと思っていた親方も
僕らと同じ借金を抱えている労働者だったなんて。
みんな苦しんでいるんだ。

僕は叫んだ!
「みんな!
この糸を登って、此処から脱出しよう!
みんな頑張れ!」

水晶を覗いていた魔女は狼狽えた。
「何と言うことじゃ!
今まで多くの者に、この糸を垂らして見たが
全て、切れそうな糸を見て
来るな!この糸は俺の糸だ!
と、叫び。
己の事しか考えない者たちばかりじゃったのに…。」

その言葉を聞いて、ピオはとても嬉しそうな顔をした。

20150627214039bea.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~♪

みんな頑張れ~!
人を思いやる僕の心に、魔女もビックリの様ですね!

みんな、親方も、何とか脱出できそうですね?(*≧∀≦*)

ピオ(ミヨコさん)も、とっても嬉しそうでヨカッタですね♡


こんにちは~

これは!
無事に試練クリアですよね~。
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。