スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れのスーパーカー

僕は車が好きだ。
けして運転は上手く無いが車が好きだ。

昔、古いスポーツカーを買って
スーパーカー気取りで夜中ドライブした事もあった。

昨日もディーラーに車検代を払いに行き
ついでに軽自動車のオイル交換をして来た。

そして車の展示コーナーを見て回る。

今は仕事用の車も含め、五台も所有しているので
これ以上買うことは出来ないが、やっぱりもう1台欲しいなぁ〜♪

2015021822294417d.jpg





憧れのスーパーカー

コメントの投稿

非公開コメント

心姫さん

こんにちは〜♪

今、スポーツカーに乗っているのは結構な年配者が多いそうです。
若者は車離れ。
昔、スポーツカーに乗りたくてもお金が無くて買えなかった人が
今乗っているみたいですね。

「オープンカー」

姫野ココロは憧れのオープンカーに乗っていた。
海岸線を吹っ飛ばす。
気持ち良い潮風が髪を靡かせる。
子供たちも成長し、それぞれ1流企業に入社した。

私の遠縁に当たる叔母が亡くなり、その遺産が私に転がり込んで来たのだ。
今迄そんな金持ちの叔母さんがいるなんて知らなかった。
見たことも無い大金だ!
また幾つもの会社に投資していて、毎月信じられない額の配当が
入って来る。
最早仕事をしなくても良かった。

私は将来性のある若手起業家に投資した。
その彼らが成功を収めると、また信じられない額の配当が入って来る。
カメラマンの旦那も憧れのフェラーリを買った。
高級カメラの機材も買い揃えていた。
旦那も有頂天だ。

しかし旦那との間に溝が生まれたような気がしている。
それでも今の私には関係なかった。
毎日毎日、パーティに招かれる。
イケメンの男たちが競い合いように私に寄り添ってくる。
私はその中で、有望そうな男に投資する。

飲めないお酒もだいぶ強くなった。
コスプレもアイドル本人よりも豪華な衣装を着て踊る。
パーティでは、みんな私の歌で踊ってくれる。
何もかもが最高だった。

私は車を飛ばした。
緑の中を走り抜けてく真っ赤なオープンカー〜♪

車はどんどん森の中に入って行った。
ここは何処?
カーナビもスマホも反応しない…。

お腹も空いて来たわ。
森の中に一軒の灯りのついている小屋を見つけた。
私は車を止め、その小屋のドアをノックした。

コンコン…。
すると中からお婆さんが出て来て
「赤ずきん、良く来たね。」
え?私は赤ずきんちゃんじゃ無いわ。
あれ?
いつも間にか赤い頭巾を被っている。
「と言う事は、あなたはお婆さんに化けたオオカミね!」

「ガオぉ〜!
バレちゃ仕方がねえ〜!
お前も喰ってやる〜!」
オオカミはお婆さんの衣装を脱ぎ捨て、大きな口を開いた。
「きゃ〜!助けて〜!」

そこにハンターが現れ、ズドンっとオオカミを撃ち殺してくれた。
私は間一髪のところで救われた。

そこに魔法使いのお婆さんが現れ、
「お腹空いただろ?さあ、このリンゴをお食べ」
空腹だった私はそのリンゴを頬張った。
すると眠気が…。
「ふふふ…。そのリンゴを食べると
王子様のキスでしか目覚めないのさ」
私は眠った。
百年?二百年?
どれだけ眠ったのだろう…?

そこに王子様が現れ
「おおっ!なんと綺麗な姫なんだ。」
そう言って私の唇に口ずけをした。

私は目覚めた。
目の前には、旦那が…。
小さな子供達は走り回っている。

あれ?
王子様は?
オープンカーは?
フェラーリは?

「ははは…。
何を言っているんだい?」

それより、君の遠縁の叔母さんが亡くなったそうだよ。
全然面識も無かった遠縁の叔母さんが老人施設で亡くなったそうだ。
もちろん遺産も何も無かった。

今日もココロは長女を学校に送り出し
自転車に長男を乗せて、二駅先の保育園まで送り迎えをするのであった。

おわり

こんにちは~

子供が生まれる前、
左ハンドルの外車が、我が家の車でした。
目立つので、ちょっと注目されますよね。
でも私は運転が下手すぎて、
めっちゃ恥ずかしかったです・・・。
子供が独立したら、またオープンカーにしようと。
そのころはジジババになってるはずですが、
運転できるでしょうか・・・。

マウントエレファントさん

「マザー」の続きを書いて見ました。

「母親型ロボット」

私はバイト先で知り合った恋人がいる。
誠実で優しい彼。
私は彼と結婚を夢見ていた。

彼は古いロボットを大事にしていた。
昔流行った母親型ロボット。
彼はこのロボット育てられたのだった。
父親が新しいロボットに買い直すと言うのに反抗して
このロボットを連れて家出してきたのだった。
彼を育ててくれたロボット。
私も彼の母親のように接した。

しかし彼の前では、優しいロボットも、私に対しては
敵対心を露わにしていた。
彼に言っても、そんな事はあり得ないと相手にしてくれない。

母親ロボットが私を睨み付ける。
何度も母親ロボットに襲われる夢を見た。

私は彼に言った。
「お願い、あのロボットを処分して頂戴!」
私の必死の願いに彼は渋々従った。
リサイクルセンターにロボットを
売りに行ってくれた。

そのはずだったのに、彼はリサイクルセンターの所長と喧嘩して
ロボットを引き取って帰って来たのだ。
もうかなり古くなって、まともに動くことすら出来ないロボットを。

母親ロボットが私を見る。
怨みを込めた視線で。
た、助けて…。

ある夜、私は異常な重さに気付いて目が覚めた。
私の上にロボットが乗っている。
あの母親ロボットだ。
凄い顔をして私を睨み付ける。

た、助けて…。
声が出ない。
隣に寝ている彼は気が付かない。
私はなんとかベットから抜け出した。
しかし母親ロボットは私を追いかけて来る。
まともに動けないはずのロボットが…。

私は部屋の中を逃げ回った。
襲い来る母親ロボット。
私は窓から飛び出した。

私は思い出した。
先日、彼と入籍して、新しい集合住宅の20階に引越して来たことを

彼は私の叫び声にようやく目を覚ました。
母親ロボットは定位置のまま動いた形跡は無かった。

彼は私の保険金で新しいロボットを購入し
古い母親ロボットと3人で幸せに暮らした。

外は彼が家出して来た時と同じ冷たい雨が降っていたが
幸せな彼はそんな事に気付きもしなかった。

おわり

あれ?
瞬のマザコンに嫌気をさした私は瞬と別れて
恋人ロボットを購入するストーリーの筈でした。
題名も「ファザー」
そして、先日初めて知った。
私のお父さんもロボットだった事を…。
と言うオチの筈だったのに…。
どこで変わってしまったんだろう?(ーー;)

のんびり屋さん

おはようございます〜♪

カーちゃんをスパーのバイトに送ってきます。
これが本当のスパーカー…(ーー;)オモシロクナイ

ワタやん

おはようございます〜♪
うんうん、スパーカーで確定申告
良いですね。
すぐ税務署の調査が入ってきますよね。(^^;;

え?
スパーカーは経費で落ちないの?v-356

マウントエレファントさん

ご訪問コメントありがとうございます〜♪
スーパーカーは写真やミニカーを見て楽しむ物ですね。

でも、国産のスポーツカーでも良いから
欲しいなぁ〜♪
最近は軽自動車でも良いなぁと思っている勘太さんです。
最近の軽自動車もカッコ良い。
軽自動車なら無理すれば、買えないこともないし
家族の反対も少ないと思います。
頑張って稼がなければ…(ーー;)

No title

ワタやん号~(^o^)丿

スポーツカーでコストコへ
かーちゃん様とお買い物~(#^.^#)
しぶい!!!

No title

おおー!
このポルシェに乗って
確定申告するのに 税務署に
行って来ますー!

 ってな事 言ってみたい ・・・ v-391

No title

ミウラにポルシェ928、どちらも憧れのスーパーカーですね。
特にミウラは、今買うとなると8000万はするそうです。
夢のまた夢、まさしくスーパードリームカーです。

なこさん

おはようございます〜\(^o^)/
これはランボルギーニ ミウラと言う
とても人気のあるスーパーカーです。
んじゃ、なこさんはこのミウラでドライブを〜♪

スーパーカーに乗って
花粉症を吹っ飛ばしましょう!

ワタやん

おはようございます〜\(^o^)/
早速描いて見ました。
憧れのスーパーカーでドライブを〜
お楽しみ下さい。

のんびり屋さん

おはようございます〜♪
こち亀の方は、凄く長いですよね。
まだやっているのかな?
両津勘吉のパワーは凄いですよね。

No title

おぉ、一番奥の赤い車が素敵!
絵が凄く上手ですね。写真みたい・・・

長男も車大好き人間ですよ。
今も拘っているようで、お嫁ちゃんとケンカしてますよ。(笑)

No title

おおー!
ミウラ! いいですね~
わたしゃ~ ポルシェ928が
憧れです~ v-343

No title

あらま(^o^)丿
新年会会場からのんびりくんカーが(^^♪

サーキットの狼 流行ってましたね(#^.^#)
のんびり屋さんは同時期の「こち亀」の方も。。。

のんびり屋さん

おはようございます〜♪
僕は消しゴムでスーパーカーを作っていました。

サーキットの狼が流行っていた頃ですよね。

No title

子どもの頃にスーパーカー消しゴムがあって
よく、ノック式のボールペンで飛ばして遊んでました。
(卓上にコースを書いて、車の後ろの部分に
 ボールペンのノック解除で飛び出る個所を使って移動させる)
昭和50年前後でしょうか(#^.^#)

トマトくん 少年の頃の思い出 スーパーカー(^o^)丿
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。