スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xmasの奇跡…読み切り

みなさん、ご訪問ありがとうございます〜♪

もうすぐクリスマス。

勘太さんはあまり良い思い出はありません。

クリスマスまでいくつか短編を書いて行きたいと思っています。

では、まず第一弾!

読み切りですから続きはありませんよう〜( ̄▽ ̄)

「駅のホームと彼女」

僕は彼女がいない。

何故いないのか?

女の子が嫌いな訳じゃない。

それどころか女の子にモテたくてたまらない

高校一年生。

でも、女の子を前にすると恥ずかしくて話が出来ない。

何を話したら良いんだろう?って、頭の中で考えるばかりで

ノドから声が出ない。

好きな子の前ではなおさらだ。

って好きな子の前にも立ったことが無い。

ただ遠くで見つめるだけ…。

もうすぐクリスマス。

僕も彼女が出来ないかなぁ…。

彼女が出来たら、人生バラ色だろうなぁ…。

サンタさん。

僕にも彼女を下さい…。

って、そんな願い事叶うわけ無いよね。


学校帰り、駅のホーム。

僕は汽車で通っていた。

冷たい風が吹いて頬を刺す。

頬に手をあてた時、弾みで

カバンと一緒に持っていた手下げが落っこちた。

中から落書きのノートが散らばる。

わっ!

僕は慌てて拾った。

その時、転がった筆箱

飛び出した鉛筆

拾ってくれた女の子

笑顔が可愛い

まるで天使みたい。

ニッコリ笑って渡してくれた。

僕は恥ずかしくて、「ありがとう。」って言うのがやっとだった。

「わっ!絵を描くの?」

開いていたノートの絵を見て彼女が言った。

「うん。マンガみたいな落書きだよ。」

「ねえ、見せて見せて。私も絵を描くの好きなの」

僕らは一緒に列車に乗って、一緒に座った。

彼女の事は、前から知っていた。

可愛い子だなぁ…って

遠くから見つめるだけだった。

まさか、一緒に座って話をするなんて…。

これって夢じゃ無いの?

「すっごく上手だね。私こんなに上手くかけないよ。」

「じゃ、今度は君の絵も見せてくれよ。」

「えー、恥ずかしいよー。」

「構わしないよ。」

こんなにスラスラ女の子と話をしたのは初めてだった。

20141210183102800.jpg


「んじゃ、今度ね。」

彼女はそう言って、自分の降りる駅に着いたので降りて行った。

ニッコリ笑って手を振ってくれた。

僕もぎこちない笑顔で手を振った。

サンタさんが願いを叶えてくれたんだ。

どうか夢じゃありませんように〜。



その時、目覚まし時計が鳴った。


おわり

コメントの投稿

非公開コメント

今年もサンタさんが...♡

高校一年の、清純な淡い恋のお話~☆

もうすぐ、クリスマスですねv-255

サンタさんが願いを叶えてくれて~ヨカッタですねv-345
例え、夢でも嬉しいものです♡

今年も夢で...彼女と会えるといいですね~☆

このお話は、ノンフィクション?かなぁ...


PS:タイトル入れたら、いきなり送信になりました^^;
最初のコメント、削除で...<m(__)m>ごめんなさいね。
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。