スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様がくれた野球…最終話

みなさん、ご訪問ありがとうございます〜♪

クライマックスシリーズ。

巨人まさかの敗退。

阪神日本シリーズ進出決定!

我がSoftBankホークスは、大手をかけています。

今日、ヤフオクドームに応援に行って来ま〜す。(^O^)/

さてさて本編、山田はどうやって消える魔球を打つのか?

初めから読みたい方は、カテゴリーの「神様がくれた野球」をクリックして下さい。

「神様がくれた野球…最終話」

山田は星のフォームの違いに気付いていた。

消える魔球の独特の足を高くフォームに。

星は足を高く上げて消える魔球を投げる!

なんと!山田は頭を下げヘルメットを落とした。

ヘルメットに邪魔されホームベース前の土煙が起こらない!

球が消え切っていない!

山田は消え切っていない球を思いっきり叩いた!

カキーン!

球は外野スタンドに吸い込まれて行った!

やったー!

美しが丘高校逆転だ!

星ひゅーまは膝から崩れ落ちた。

20141019071007629.jpg



その後、僕はオールスター学園を抑え僕らは優勝した。

湧き上がるスタンド!

「かーちゃーん!やったでぇ〜!」

嬉しすぎて愛を叫ぶワタやん!

跳び上がって喜ぶハスミマネージャー!

喜んでいるみんなの顔が見える!

ナインたちも泣きながら駆け寄る!

剛田!やったよ!

〜ホウホウホウ〜良くやったのう〜

神様の声が聴こえた。

その時、またピコォーン…ピコォーン…ピコォーン…。と音が聴こえた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

半年前、高校入学に向かう子が車に惹かれた。

彼は野球少年だった。

中学時代はレギュラーになれず、万年補欠だったが

野球を愛していた。

高校に入っても、野球を続けると張り切っていた。

それが入学式に向かう途中…。

彼は入学式が終わったら、野球部の練習に行くつもりで

野球用具も持って来ていた。

手にはボールを握りしめて、高校野球に胸踊らせていた。

ボールを上に軽く投げキャッチしながら歩いていた。

と、ボールを取り損ない転がるボールを取りに

道に一歩踏み込んだ途端

そこに車が通った。

うわっ!

ドンッと言う音と共に彼の意識は飛んだ!

彼は病院に運ばれ、集中治療室に入れられた。

しかし彼の意識は戻らない。

医者は母親に絶望的な言葉を語った。

「残念ながら、もうお子さんが目を覚ますことは無いでしょう。

この延命装置によって辛うじて呼吸はしていますが

それも時間の問題です。

いずれそれも止まってしまうでしょう。」

医者は母親に淡々と話した。

「先生!お願いします。助けて下さい!

うちの子は、高校に入学して野球をやるのを楽しみにしていたんです。

どうか助けてやって下さい。。。ううううう。。。」

母親は泣きながら医者に訴えた。

「残念ですが…。」

医者は、ただクビを横に振るだけだった。

「おおおおううううううう。」

母親は泣き崩れた。

「神様!お願いです。

この子に野球をさせて上げて下さい。

たとえ夢の中でも構いません。

この子に思いっきり野球を…。」

〜ホウホウホウ〜了解したぞよ〜

そんな声が聴こえたような気がした。

遠山球児の意識は美しが丘高校のグランドにいた。

そこで野球の神様と名乗る老人と出会ったのだった。

遠山は神様から特殊な力を授かり、思いっきり野球を楽しんでいた。

病室ではピコォーン…ピコォーン…ピコォーン…と

心電図の音だけが鳴り響いていた。

事故以来意識が無く眠り続けている遠山。

「なんだか楽しそうな顔で眠っているわね。

きっと夢の中で、野球を楽しんでいるのね…。」

母親は悲しそうに笑って遠山の頬を撫でた。

ピコォーン…ピコォーン…ピコォーン…と心電図の音だけが

静かな部屋に響いていた。

その時、僕は目を開けた。

「球児!」

母の声が聴こえた。

終わり





コメントの投稿

非公開コメント

蓮見さん

こんにちは〜
ありがとう!
そう言ってくれると嬉しいです。

それでは、感動の最終話のつづきを少しだけ。

「神様がくれた野球…そのつづき。」

僕はオールスター学園の猛攻を抑えた。
2対1の逆転勝利だ!
みんなが駆け寄って来る。
優勝だ!
念願の甲子園だ!
みんなが駆け寄って来た時、僕の身体は透け始めた。
「おい!遠山!どうしたんだ?身体が透けて来てるぞ!」
おい!おい!
その時、ビコォーン…。ビコォーン。ビコォーン…。と
例の音が大きくなって来た。
うあぁぁぁぁあ!
周りがグニャ〜っと捩れる。
グルグル回りながら僕は意識が薄れて行った。

そして僕は目覚めた。
ビコォーン…。ビコォーン…。ビコォーン…。
と例の音が聴こえる。
「球児!」
誰かが僕を呼ぶ声が聞こえた。
お母さんだ!
目の前には涙で濡れたお母さんに顔があった。
「ここは、どこ?」
何かが喉にひっかかって、声が出せない。
どうやら人工呼吸器のようだ。

お母さんが慌てて先生を呼びに行った。
「そんなバカな信じられない!」
そう言いながら、医者が駆け寄って来た。
「そんなバカな…。
脊髄が損傷して、自力では呼吸も出来ないはず!
それより目を覚ましたら事自体が奇跡だ!
僕は手を動かした。
「先生!球児の手が動いてます!」
お母さんが、泣きながら先生に言っている。
「おおおおっ!アンビリーバブル!
信じられない!」

〜ふふふ…。優勝のお祝いだ〜
神様のそんな声が聴こえたような気がした。

僕は奇跡的な回復をし、念願の美しが丘高校に
通った。
早速、野球部に行った。
見慣れた顔がが並んでいた。
ワタやん監督もいた。
しかしワタやん監督は、甲子園で優勝した
経験は無かった。
剛田も生きていた。
しかし身体が大きいだけで、150キロの
豪速球は投げる事は出来なかった。
山田も長嶋もらいたが、もちろん彼らも
リトルリーグで活躍はしていなかった。
美しが丘高校は、平凡な1回戦突破を願う
公立高校だった。
僕はこの仲間達と高校野球を楽しむのだった。
もちろん僕も、豪速球なんて投げ…。
あれ?
ズハーンッ!
「おい!150キロは出てるぞ!」
誰かが言った。

おわり

ハッチさん

こんにちは〜♪
感動の最終話!
うんうん、良い響きだ。(^◇^)

SoftBankも日本一に向かって
明日からの日本シリーズ頑張ります。

なこさん

こんにちは〜♪
思いがけない最終話!
ふふふ…。
ありがとう!
そう言ってもらえると作者冥利に尽きます。
思いもよらぬ展開!
良いですね。
これからも、心掛けて行きたいです。

心姫さん

こんにちは〜♪
いよいよ、阪神対SoftBankですね。
大変お待たせ致しました。
勢いがある阪神!
しかし少し間が空いたから、勢いも
陰って来てるかも知れませんね。

目を覚ました球児は何を思うのでしょう…。
その後の展開も気になりますが…。
取り敢えず完結です。

のんびり屋さん

こんにちは〜♪
最後まで読んでくれてありがとうございました。
感動…。^_^
嬉しいです。
ありがとう(^◇^)

No title

勘太さんソフトバンク勝ちましたね
おめでとうございます^^♪

そして美しが丘の優勝おめでとう^^♪

それにしても心電図だったんだーーー (゚Д゚)
最後まで全然思いもしなかったわ
最後のエピソートがサイコーです♪v-10v-346

おはようございます(^o^)


「球児!」 バンザ~イ ~☆

感動の最終話~
作家先生 お疲れさまでした。

SoftBankホークスも、
日本シリーズ進出を決めて万々歳~♪
おめでとうございます v-315

つぎは、日本一ですね(^o^)v

yumeさん

おはようございます〜♪
最後まで読んでくれてありがとうございます。

なんとか完結致しました。
ありがとうございました。

No title

思いがけない最終話。

勘太さんらしいスリルとロマンのあるお話でした。

ありがとう!
お疲れ様でした~

こんにちは~

ソフトバンクさん、お先です~。
お待ちしてますんで!

まさかの最終話、心電図の音だったんだ~。
そのまま逝ってしまうのかと思いましたが、
目を覚ましたんですね。
ホント良かったです~。
球児君は、夢のこと覚えているのかな?

奇跡(^o^)丿

奇跡はあるんですね(^o^)丿
心温まるお話しに感動しました。

ワタやん監督も家に帰って
心温まってほしいですね(^^♪

No title

わぁ~~やりましたね!美しが丘v-315

ホント!喜んでいるみ~んなの顔が見えるようですね(*゚▽゚*)


後半は、実話かと思えるくらい感動しました(うるうる...

最後の展開!勘太さんらしい物語を楽しませて貰いましたよv-290

お疲れ様&ありがとう~♪
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。