スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様がくれた野球…その25

隅谷高校相手に9回表、逆転されてしまった美しが丘高校!

1点差を追う9回裏、最後の攻撃!

しかし打順は、下位打線からだった。

なんとか粘ってくれ!

6番バッターの掛布がバットを振る。

イガラシのキレのあるボールにタイミングが合わない!

辛うじて当てたボールは、内野ゴロだ!

しかし9回裏!荒れたグランドでイレギュラーして内安打となった。

やった!

ノーアウトのランナーが出た!

しかし後続がイガラシの上手いピッチングにやられ2アウト1塁となってしまった。

悔しいが、後1人でゲームセット!

しかもバッターは9番バッター。

そこに1人の男が現れた!

剛田タケシだ!

「お前、病院じゃなかったのか?」

みんな信じられない顔をしていた。

「ああ、もう大丈夫だ。みんな心配かけたな。」

「監督!僕を代打で出して下さい。」

ワタやんは、剛田の目を見て

「分かった!」

と言って剛田を代打で送り出した。

20141008073150b78.jpg


久しぶりのグランドに、剛田は大きく息を吸って打席に立った。

それは一瞬だった。

イガラシの速球を見事に打ち返し、打球はバックスクリーンに

吸い込まれて行った。

美しが丘高校逆転サヨナラだ!

剛田はゆっくりダイヤモンドを一周した。

崩れ落ちるイガラシにキャプテンの谷口が労いの言葉をかける。

美しが丘スタンドは興奮の渦だった。

しかし試合終了の整列の時、剛田の姿は無かった。

ホームランを打ってベンチに戻り、みんなから祝福されている時

みんなの目の前で、剛田は身体がスーッと消えてしまった。

「おい、剛田!お前、身体が透けて行っているぞ!」

おおおおっ

剛田はちょっと悲しそうな顔をして

「みんな、ありがとう。

楽しかったよ…。」

と言いかけて消えて行ってしまった。

僕らはただ呆然としているだけだった。

みんなは信じられない。

剛田は、9回裏が始まる時刻に息を引き取ったそうだ。

それじゃ、剛田は…。

僕らは剛田のおかげで、勝ち進む事が出来たんだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

美しが丘高校が隅谷高校に逆転されていた頃

剛田は、短い命を終えようとしていた。

「ああ…。もう一度みんなと野球がしたかったなぁ…。」

剛田の頬を一雫の涙が零れた。

〜お前の最後の望み叶えて上げよう〜

耳元でそう言うの声が聴こえた。

「誰なんだ…?」

剛田は、声のする方をぼんやり見つめた。

そこには黒いマントに杖を就いた男が立っていた。

「君は誰だい?」

〜ふふふ…。俺様は死神だ。お前の魂を迎えに来た。〜

「そうか…。僕は死んじゃうのか…。」

〜ふふふ…。最後にお前の望みを叶えて上げよう〜

「ええ?どう言うこと?」

剛田は、気が付くと、ユニホームを着て、美しが丘高校のベンチにいた。

「お前、病院じゃないのか?」

新庄が僕の顔を見てビックリして言った。

「ああ、もう大丈夫だ!心配かけてゴメン。

監督、僕を代打で出して下さい!」

ワタやん監督は、僕をじっと見つめ

「分かった。」と言って僕を代打で出してくれた。

久しぶりのグランド!

僕は大きく息を吸った。

〜お前の最期の望みだ!思いっきりやるが良い〜

死神の声が聴こえた。

僕は、来た球を思いっきり叩いた!

打球はバックスクリーンに消えて行った。

最期にみんなと野球が出来て、もう思い残す事は無いよ。

僕はダイヤモンドを周りながら、そう思った。

ベンチに戻り、みんなから祝福されている時に…。

〜じゃ行こうか…。〜

死神が言った。

「剛田!お前身体が透けているぞ!」

部員がみんな僕の方を見る。

「みんな、ありがとう!

みんなと野球が出来て、楽しかったよ…。」

そう言って、剛田の身体は消えて行った。

剛田は、死神と共に天国へと旅立って行った。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


美しが丘高校は準々決勝、準決勝と勝ち上がった。

ついに美しが丘高校は決勝戦を迎える事になった。


僕らは剛田の祭壇にお参りに行った。

そして剛田が打ったサヨナラホームランのボールを

剛田の祭壇にお供えした。

「剛田!ついに決勝戦だ。

ここまで来れたのは、お前のおかげだ。

剛田、天国でこれからも見守っていてくれ。

お前はいつまでも俺らのチームメイトだ!」

〜ありがとう〜

ふと剛田の声が聴こえたような気がした。


いよいよ僕らは決勝戦を迎えるのである。




コメントの投稿

非公開コメント

なこさん

おはようございます〜♪
剛田の儚い人生。

彼は幼い頃から、周りより一回りもふた回りも身体が大きく
目立っていた。
少年野球でも入部して直ぐからエースで四番!
その存在はあっと言う間に、隣街まで広まった。
そして全国でも有数のリトルリーグのチームにスカウトされたのであった。
剛田はそこでも、直ぐに頭角を現し
大活躍をするのである。
そしてその少年野球チームは念願の日本一に輝いたのであった。
そして彼のところには数多くに強豪校からスカウトに来た。
彼はその全ての誘いを断わり、ワタやんの元にやって来たのだった。
彼は、ワタやんが監督として甲子園で優勝した時、勝利監督のインタビューを
聞いて、彼の元で野球をしたいと思ったのであった。

〜ワタやん監督、一回戦突破おめでとうございます〜

「ありがとうございます。
苦しい闘いでしたが、最後まで選手達を信じていました。
本当に彼らは良く頑張りました。
みんな!ありがとう!」
ワタやん監督は泣きながらインタビューに答えていた。
その姿を見て、彼はワタやん監督の元に行こうと決めたのでした。

yumeさん

おはようございます〜♪
剛田の哀しいホームラン。
死神の粋な計らいによって
最期に試合に出られた剛田!
きっと天国でもみんなを見守ってくれてると思います。

No title

剛田くんっ!(π0π)
最後にみんなと野球ができて
しかも美しが丘の救世主になって
本当によかったね

ワタヤン監督ってなにかモッテますね
みんな決勝戦頑張って!

こんにちは~

剛田選手、復活したのかと思ったのに~。
泣ける・・・。
剛田選手のためにも、がんばって欲しいですね。

アリサヤさん

おはようございます〜♪
そうです。
ワタやん監督は剛田の名前を迷いに迷った挙句
残していたのです。
だから剛田が現れた時、一番驚いていたのはワタやん監督だったかも
知れません。
最期にみんなと一緒に野球が出来て、剛田は成仏して
天国に行った事でしょう。
死神も粋な計らいをする物ですね。

こんにちは☆

ワタやん監督は、入院した後も剛田君の名前を登録選手に残していたんですね。
悲しいお話ですが、剛田君が最後にサヨナラホームランを打ってて良かったです。

剛田君のためにも、決勝戦に勝って貰いたいですv-290

うぇ~ん(>_<)

何とも悲しく、美しいお話なのでしょう。。。(>_<)

彼は旅立ってしまったけれども、心残りなく野球を終えていったのですね(#^.^#)

これからはチームメイトを空の上から見守っていてくださいね~!

No title

ロマンチックですね~
男のロマンかなぁ?
思い切り打って剛田くんの魂は天国へ・・・泣けるぅ~(笑)

決勝戦は何処の高校かな?
楽しみです!

No title

美しが丘高校逆転\(^o^)/ですね!

速球を見事に打ち返した剛田クン!...
元気になって復活かな? と思ってましたが
やはり病魔にはどうする事も出来なかったのね。

この世の最後に、出場することが出来て良かったですね~
チームメイト!って、いいですねv-353

次回決勝戦!どのような展開が?また楽しみですね☆
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。