スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイコム2号…その5

こんばんは~♪
みなさん、ご訪問ありがとうございます〜♪

昨夜、飲み過ぎて、今日は一日中気分が悪かったです。
もう2度と酒は呑みません…。(ーー;)

初めから読みたい方はここから「アイコム2号」


「アイコム2号…その5」

地球は太陽系を離れて、彷徨い続いている。

そして昼も夜も関係ない日々が続いていた。

太陽の恵みの凄さ!

人類は改めて太陽の有り難さを感じていた。

しかし後の祭である。

もう太陽は無いのである。

気温は全世界氷点下!

海は凍り、人類は殆どが死滅した。

いや死滅したと思われた。

しかし蓮見博士は地下エネルギーを活用し、地下に

巨大都市を築き上げていた。

そこは人種も関係なく、みんなが共栄共存していた。

そしてこの地下都市建設にはロボットの活躍が欠かせなかった。

「蓮見博士!太陽に似た星を見つけました。」

ある時、ロコ助手が蓮見博士に言った。

それはケプラー62と呼ばれている恒星だった。

博士は巨大ジェット噴射エンジンを調整し、その恒星の

軌道に地球を載せる事に成功した!

「やったわ!ロコくん!」

地球は新しい太陽のお陰で、凍った海は溶け、気温は

今までの地球と同じ気温に復活した。

人々は歓喜に溢れた。

しかし、その恒星には地球と同じ生命が宿っている惑星が

存在していたのであった。

しかもその星の文明は地球より優れていた。

その惑星の名はケプラー62e。

しかもその惑星の種族は好戦的だった。

そしてそのケプラー62e星人が襲来して来たのである!

地球はどうなってしまうのか?


201408142133430f6.jpg

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。(^◇^)

コメントの投稿

非公開コメント

のんびり屋さん

次の回で、いよいよのんびりくん登場!
なんとケプラー62e星代表のロボットとしての登場です。
さてさて、どうなるのでしょう?

何者! (>_<)

Rさ~ん! 副会長さ~ん! 早く防御スクリーンを! (>_<)

P.S.ポチッとしてきました
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。