スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロックンロールに憧れて…その8」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

「ロックンロールに憧れて…。その7」はサクラさん目線でした。

サクラはどう思っているのか?

みんなの知りたがったところですよね。

和夫に気があるのかと思っていると

あれ?井口の事が好きだったの?

いやいや、和夫にも脈がありそうだぞ…。


これからどの様に展開して行くんでしょうね。

初めから読んでくれる人はココから

「ロックンロールに憧れて…その8」

「井口の戸惑い」
201406210539163fb.jpg

井口は焦っていた。

親の反対を押し切って、普通の高校に入ったものの

この苛立ちは何だ?

仲間内で音楽を奏でるのは楽しい。

しかし俺が求めているのはこんなんじゃ無い!

ロックバンドコンテスト「Lモーション」が行われていた。

ロックバンドをやっている者達の憧れのコンテスト「Lモーション」

井口はいつかこのコンテストに出てやる。

そう思いながら会場に足を運んだ。

そして「ビッグエコーズ」を見たのだった。

井口に衝撃が走った!

これだ!

この音楽なんだ!俺が求めていた物は!

「ビッグエコーズ」は賞を受賞した。

デビューの話も舞い込んでいると聞いた。

それまで楽しかった仲間内での音楽が急に色褪せて見えた。


そんな時、ビッグエコーズがギターリストを捜していると耳に入った。

いても立っても居られない。

そして井口に声がかかったのだ。

井口はその話に飛びついた。

ビッグエコーズのメンバーの前でギターを弾いた。

みんな賞賛してくれた。

一緒にやろうと言ってくれた。

憧れのバンドのみんなが誘ってくれた。

井口はクラッカーズのみんなの顔が浮かんだが、井口はビッグエコーズに

入る事を決めた。


学園祭に向けて練習に集まったみんなに言った。

「すまない。もうみんなとは一緒に出来ない。みんな許してくれ!」

そう言って井口はスタジオを飛び出した。

追いかけるタカシ!

「俺たちはどうなるんだ?

俺たちを捨てて行くのか?」

タカシの声が心に突き刺さる!

「勝手にしろ!」

タカシが怒鳴る!

「許してくれ!」井口は逃げる様に駆け出して行った。


井口はビッグエコーズに入った。

しかし入って見ると外から見るのと違っていた。

メンバー間はギクシャクしていた。

ワンマンな自己中心的なリーダーと個性的なメンバー。

音楽性の違いから、前のギターリストが辞めた。

そのギターリストの代わりに井口が入ったのである。


ビッグエコーズのリーダー清は荒れていた。

曲作りに行き詰まっていたし

恋人のイチゴとも上手く行っていなかった。

新しく入った生意気な若いギターリストが曲を持って来た。

癇に障った清は怒鳴りあげる。

「お前は言われた通りギターを弾いてれば良いんだよ!」

若いギターリストの目が心に突き刺さる。


井口はクラッカーズが新しいメンバーを入れて学園祭に出ると聞いた。

サクラやみんなの顔が目に浮かぶ。

井口は気が付くとクラッカーズのみんなの前に来ていた。

サクラが声をかける。

「何しに来たんだ」とタカシが言う。

そうだ、俺が顔を出せる筈が無いじゃ無いか…。

井口は思い知った。

「お前達を応援に来たのさ。」井口は強がって言った。

そして逃げる様に立ち去った。

隅でクラッカーズの演奏を聴いた。

ショックだった。

俺がビッグエコーズに求めていた物がここにあった。

みんな楽しそうだった。

井口は自分があの輪の中にいるのを想像した。

しかしもう戻れない。


井口はビッグエコーズの練習に向かった。

「井口、新しい曲や。覚えておいてくれ。」

井口は楽譜を受け取った。

今までと代わり映えのしない曲だった。

「なんだよ!その目は?」

リーダーの清が声を上げる!

「いえ、何も無いっす。」

井口は新しい曲を無難に弾いた。

クラッカーズの事が頭から離れない。

「チクショー。」

井口は心の中で叫んだ。


井口は誰も居ないスタジオで1人ギターを弾いていた。

新しく作った曲だった。


「良い曲ね。」

振り向くとキーボードのイチゴがいた。

リーダー清の彼女である。

「あ、イチゴさん。」

イチゴは井口の肩に手をあてた。

そして頬にキスをして言った。

「頑張ってね。」

どう言う意味なんだろう?

井口はまたギターを弾いた。

ただ黙々と。


「リョーコの場合」
20140621060841c5e.jpg

リョーコは幼い頃からピアノを習っていた。

厳しい母の指導!

リョーコの母はピアノ教室の講師をしている。

それで朝から晩まで弾かされていた。

リョーコはピアノコンテストで良い成績を収めていたが

母は納得してくれなかった。

もっと良い成績を!もっと良い成績…。

リョーコの母は自分が叶えられなかったピアニストの夢を彼女に託していたのだった。


コンテストも優勝しないと喜んでくれなかった。

もっと自由に弾きたい!

井口からバンドをやらないか?と誘われた。

リョーコはこれだと思った。

私がやりたかったのは!

楽しかった。

みんなイキイキしていた。

それなのに井口の脱退は衝撃だった。


そして代わりに入った和夫のギターを聴いてなんとも言えない。

音楽家としての血が騒ぐのを感じた。

何者なの?

リョーコは驚きの目で和夫を見ていた。

古典的な様な新しい様な心地良いフレーズ。

そう何度も弾き込んだモーツァルトの曲に似ている。


クラッカーズは学園祭の成功に気を良くして

ロックバンドの憧れのコンテスト「Lモーション」に挑む事に決めたのだった。


つづく


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
ポチっとしてくれると嬉しいです。(^O^)

コメントの投稿

非公開コメント

Sha-Laさん

おはようございます〜♪
「孤独なマジシャン」読み終わりました。
中々面白かったです。
コメントと拍手を求めたくなる気持ち良く分かります。
自分の作品は読んでもらえてるのだろうか?と
気になりますよね。
覗いて見ただけで、読まないで帰られているんじゃ無いか?とか
その気持ち、良く分かります。
コメントしに行かなくちゃ!

さて、井口くん。
やることが裏目に出てしまっていますね。
そう言う事は良くあります。
そう言う事の方が多い位です。
そんな時、自分はどんなに酷い結果になったとしても
自分で決めた道!と
自分に言い聞かせるようにしています。
そうすれば、失敗しても気分が楽になります。

おそらくLモーションでは井口が立て直したビッグエコーズとクラッカーズの
争いになるのかな?
それとも…。
何にしても、このままでは終わらない井口だと思います。
頑張れ井口!

なこさん

おはようございます〜♪
隣の芝生は青かった。
まさにそんな感良いでしょうか。

自分が作ったバンド。
仲間達と離れてまで、入ったビッグエコーズ!
まだ井口は若い。
いや幼さが残る年頃だ。
しかしそれでも覚悟を決めて選んだ道。
歪みついてでも頑張ってもらいたいです。

クラッカーズも「Lモーション」に挑戦する。
ビッグエコーズは?
井口の力で立ち直せるのか?

それぞれメンバー紹介じゃ無いけど
各メンバーに焦点を当てて書いて見ました。
次の章ではドラムのノブオとベースのタカシを主体に書いて見ました。

No title

井口くん、なかなか上手くいかないですね。
バンドはやっぱりメンバー同士が仲良くないと
(プライベートまで仲良くなくても、少なくとも同じ音楽が好きでないと)
うまくいかないでしょうね。

リョーコちゃんはピアノをやっていたんですね。
モーツァルトの曲に似ている、と気づいたとはさすがです!

クラッカーズもLモーションに出場することになったんですね。
これから先が楽しみです。

No title

井口くん、隣の芝生は青かったみたいですね。

ビッグエコーズとクラッカーズ どちらがどうなるか気になりますね。

リョーコちゃんのことも・・・
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。