スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「作家勘太先生の妄想」

みなさん、ご訪問ありがとうございます〜♪

20140610050054664.jpg


勘太は今日も妄想物語を書いていた。

〜その時、アリサヤはオナラをした。あまりの臭さに敵は逃げ出したのである。
こうしてアリサヤは地球の平和を守ったのであった。
めでたしめでたし…。
終わり。〜

「やったー!遂に完成だ!これを持って出版社に投稿しよう!」
勘太は自分のブログに作品をアップするだけではもの足らず、出版社に投稿するようになっていた。
もちろんそんな素人の作品が採用されるはずも無く。
「あー、また君か!分かったから、そこに置いておいてくれ〜。」
編集部は忙しく素人を相手にしてる暇はない。
適当にあしらって帰らせた。
それでも勘太は編集部が作品を受け取ってくれたと大喜びで、また次の作品を書くのであった。
そんな忙しい編集部で事件は起きたのである。
「編集長、芥川賞作家の先生の作品はこれですか?」
新米の編集員が聞いた。
「そうそうその棚に置いてあるやつだよ。急いで印刷に回しておいてくれ。」
編集長はろくに確かめもしないで、指示を出した。
そして新米編集員もまた確かめもしないで、印刷に回したのである。
こうして勘太の大長編小説「アリサヤと7人の盗賊」は大手出版社から
世に出たのである。

ところが世の中は不思議なもので、勘太の単純明快な物語が大ウケ!
増版に次ぐ増版で、瞬く間に勘太は時の人になったのである。
しかもブログも大人気!
1日に何万もの訪問者数をカントしていた。
そして勘太のブログに掲載していた「月と太陽」は映画化が決まった。
しかもワタやん役はワタやん本人!
Rコーチも本人が努める事になった。
アリサヤ役もアリサヤが演じることになった。
そしてその天然キャラが受けて、これまたアリサヤも女優の仲間入りだ。
アリサヤは女優として成功した。
ライバルは綾瀬はるかか石原さとみ!

しかし勘太にゴーストライター疑惑が持ち上がった。
「耳が聴こえないと言うのは嘘だったんですか?」
記者の質問が飛ぶ!
「初めから耳が聴こえないとか言った覚えはありません!」
と言うと
「開き直るんですか?」と突っ込みが入った。
「女優アリサヤさんと不倫関係にあるって言うのは本当なんですか?」
これまたとんでも無い質問が飛んだ。
「アリサヤさんとは会った事もありません!」
週刊誌には「作家勘太氏、アリサヤとの愛人関係を認める」と言うゴシップが
踊った!
なんと言う世界なんだ!

勘太は、こうなるのを恐れて作家デビューするのをためらっているのである。

終わり

コメントの投稿

非公開コメント

Tomさん

こんばんは。
なるほどと肯くところも沢山ありました。
かねがね思っていた事でもあります。
初めて訪れてくれた方が、小説の途中から見せられても
面白い筈ありませんよね。
それと訪問者を勝手にキャラクター化するのは控えた方が良いですね。
特にこのブログの方では。
仲良しグループのキャラクター化はlivedoorの方に特化したいと思います。
小説ブログと言っても、僕の場合はとても小説と呼べるレベルではありません。
ただの思い付き妄想物語です。
それを何人かの人が面白いと思って読んでくれたら良いかな?
そして面白かったよ〜とコメントしてもらえると嬉しいです。
もちろん多くの方に訪問してもらえると、もっと嬉しいですけどね。
色々参考になるご意見ありがとうございました。

設置方法を考えてみます。

No title

先ほどのコメントの補足です。

>こっちのブログは多数の人向けに書いているつもりですけど
>なかなかカウントは増えませんね。

答えまで書いてしまうと反発されるんじゃないかと思ってるんですが、
これに対する答えはもう出ています。

先ほどのコメントに、こうあります。

>まずは短編やエッセイ・日記などの軽い読み物で試すでしょう。そこで面白い文章に出逢えば、「この作家の文章は読むに値する」と作品に対しても信頼を寄せるはずです。

>ただ、その中でもイラストが豊富なサイトは、比較的人気が高いそうです。


つまり、読者が求めているのは、こういうエッセイや
http://fanblogs.jp/kanta007/archive/72/0

こういうポエムです。
http://kantakun007.blog.fc2.com/blog-entry-52.html
http://kantakun007.blog.fc2.com/blog-entry-51.html

だから、すでに実現できています。
でもおそらく、今このブログはページに来た人が、開いた瞬間にお腹いっぱいです。

まずは、エッセイやポエムでファンになってもらうのが先で、
そこから中長編に誘導しないと、新規の読者は増えないのではないかと思います。

ちなみに、次のページにブログ小説を敬遠している人の意見があります。
http://www.raitonoveru.jp/howto/h/321a.html

・連載ものの場合、新しく書いたものが始めのページにくるため、ネタバレになったり、
 意味が分からなかったりする。最初のほうを探して読むのが面倒。スクロールもややこしい。
・ページ構成などが読み辛いものが多い。
・日記など別の読み物と一緒だと、混乱する。
・コメントや拍手などで興醒め(ネタバレ、誹謗中傷、宣伝など)する可能性あり。

僕なら、ブログで単発のポエムやエッセイを公開しながら、
別のページに中長編を配置します。

ちなみに、小説やポエムの場合、知らない人が
知らないポエムを検索して見つけ出すことは不可能に近いので
読者を増やしたいなら、ツイッターの有効活用が重要です。

知らないんだからキーワード検索など出来ないわけで、
クチコミで広める以外にありません。

ただ、その方法は簡単ではないので、説明できません。


最後に、あくまで個人的感想です。

もしも、街を歩いている時にスマホを持った見知らぬ人が
「あなたの写真を撮らせてください」といきなり近寄ってきたら敬遠しませんか。

まだよく知らない人にとって、勝手にキャラを描かれたり、
小説に登場させられるのは、それと同じで脅威です。

でも、このブログを見ると「読者はキャラ化されるらしい」という
脅威を読者に与えていますし、実際にコメントでそれをやっています。
多分、見知らぬ読者は近寄りたくはないのではないでしょうか。

以上、余計なお世話でした。

No title

小説サイトは人気がないというのは聞いたことがあります。
アクセス数ですが、次のページを見つけました。

小説サイトアクセスアップ大作戦!
http://www.raitonoveru.jp/howto/j02.htm

>Yahoo!やGoogle経由で来てくれる人は、1日に1~2人が関の山でした。なんとも悲しい!

>最終的に、毎日100人そこそこの人が来てくれれば、小説サイトととしては大成功の部類です。


その理由を、別のサイトでは次のように分析しています。

人気サイトの条件とは?
http://agit.s16.xrea.com/log2/02.html

>■ネット小説はそもそも稚拙?
> そのため、ネット小説は読者を失っています。読者の多くはあまりに多い稚拙な作品に飽きていて、「これは!」と信頼できる作品しか読もうとしません。

サイトに書いてあることを要約すると、次のようになります。

プロの小説が世に出るためには、デビューまでの試練、執筆後の添削など、
一般の人目に触れるまでに数々のチェックをくぐり抜けないとならない。
よってプロの小説は最低限の水準を満たしている。

一方、ネットの小説は好き勝手に書いたものが、
一切のチェックを受けずに発表されるため、あまりにも稚拙な作品が溢れている。

よって、実際の出来栄えは関係なく、ネット小説そのものが敬遠されている。


また、長い小説は敬遠されるとあります。

>余程面白くない限りは長々と人の文章を読んだりしません。少しでも誤字脱字があろうものなら、早々と読むのを断念してしまいます。その小説を高い値段で買ったわけでもないので、苦痛に耐えてまで読む必要がないからです。恐らく、長編と気付いた段階で読むのを断念する人も多いと思います。しかし短編は違います。直ぐにゴールは見えているのですから、詰まらなくてもとりあえず読了してもらえるようです。


上記2つのサイトでは、それぞれにアクセス数を増やす方法を書いていますが、効果の程は不明です。
その中で、最も納得できる部分を抜粋します。


>最後に、小説の出だし数行が重要になると思います。僕の予想としては、特に短編(エッセイ・日記)の出だしが重要になると考えられます。

> 新規の訪問者の多くは、そのサイトにある小説が読むに値するかどうか、まずは短編やエッセイ・日記などの軽い読み物で試すでしょう。そこで面白い文章に出逢えば、「この作家の文章は読むに値する」と作品に対しても信頼を寄せるはずです。


> そのほかサイトの雰囲気も作品を信頼する大きな要素になるようです。そうした意見が共同研究室(掲示板)に寄せられていました。とりあえず訪問してみて、そこが自分のフィーリングに合ったデザインなら、小説も読んでみる、という意見です。逆に、雰囲気が自分の趣味に合わないと小説は読まないという意見もありました。


ただ、その中でもイラストが豊富なサイトは、比較的人気が高いそうです。

Tomさん

おはようございます。
いつもお気遣いありがとうございます。
検討して見ますね。
こっちのブログは多数の人向けに書いているつもりですけど
なかなかカウントは増えませんね。
まあ、ボチボチ好きな妄想物語を書いて行きたいと思っています。

心姫さん

おはようございます〜♪
映画出演!お任せ下さい〜♪
妄想の世界は何でもありですから〜♪_φ( ̄ー ̄ )

「心姫とコスプレ」

私はコスプレが大好きな主婦。
2人の子供を育てながら、空いた時間はコスプレの衣装を着て楽しんでいるの。
そしてカメラマンのダーリンがそれを写真に撮ってくれるのよ〜♪
こんな幸せってある?
私は世界一の幸せな主婦。
今日もセーラームーンのコスプレで楽しんでいるの。
ちょっとスカートが短くてパンティーが見えちゃっているけど…。ウフッ
そして私はこのセーラームーンのコスプレのままお買い物に行くの。
みんなが私の事見ているのよ。
みんなの視線を感じてちょっと恥ずかしい。
いやん。そんなに見ないで〜
でも、サービスでちょっとスカートを翻してパンティーをチラリ〜♪
ウフフッ

ある日、何時ものようにコスプレ姿で街を歩いていたら
バラエティー番組でインタビューを受けちゃった。
そしたら面白いから、レギュラーで番組に出てくれって頼まれちゃったの。
う〜ん。。。心姫、どうしようかな?
旦那さんが「出ても言いよ」って言ってくれたから出演OK!しちゃった。
そしたら何だか分からないけど、人気が出ちゃって
私、中高年のアイドルになっちゃったの。

念願の映画にも出演出来たの。
激しいベットシーンんもあったけど、芸術の為だもの私頑張ったわ。
そしてAV界の女王とか言われるようになっちゃったの。
気が付いたらダーリンは子供達を連れて行って何処かへいなくなっちゃった。
ちょっと寂しいけど、私は女優!

哀しみも、寂しさも芸の肥やしにして見せるわ。

「は〜い心姫ちゃん、今日はちょっと悲しげで、良い表情してるよ。」



No title

A8.netに「プロ直伝いきなり上手に描ける水彩画講座」というのが入って来ました。

見た感じ、販売ターゲットは60代以上で趣味を持ちたいと考えている人というところです。
当然、初心者が対象なので、絵をすでに書いている同好者が集うサイトではなく、
絵を描けない人が集まり、かつ絵に興味を惹かせるサイトでの集客が向いているでしょう。

そういう意味では、このブログに合っていますが、
毎日同じ人しか来ない、アクセス数が1日数百しかない、という場合は難しいかもしれません。
参考まで。

販売価格3万9千800円
報酬額、売上の35%

ET…( ̄∇ ̄*)ゞ
頑張って熱演します!(笑)

こんばんは~

楽しい妄想ですね~。
私も出たいです、映画。
もちろん素顔じゃなく、コスプレでいいんで~。

イチゴさん

こんばんは〜♪
ご訪問ありがとうございます〜♪

イチゴは不満だった。
「月と太陽」のキャストがなんで、イチゴ役が本人の私じゃ無くて
上戸彩なのよ!
私も映画女優になりたい!
イチゴは作家勘太を人質に取り、映画出演を要求した。
「私も映画に出たい!女優になりたい!」
イチゴは泣きながら要求した。
「分かった!分かった!映画に出れるようにして上げるよ!」
勘太は必死に説得する。
「えーッホント?」
こうしてイチゴは映画に出れるようになった。
しかも主役だ!
映画はヒットした。
映画「新ET」
イチゴは主役!
ETの縫いぐるみの中に入って、好演していた。

終わり

アリサヤさん

こんばんは〜♪

「作家勘太先生の妄想はつづく」

アリサヤさんにそそのかされて、妄想はつづく。

作家勘太先生のゴーストライター疑惑!
アリサヤとの愛人疑惑により映画「月と太陽」は大ヒットした。

「月と太陽」は電子書籍化し、これまた大ヒットになった。
また勘太が描くキャラクターが色んなCMに起用され、これまた契約料が
億単位になった。
そしてキャラクター達は世界的ヒットとなった。
遂にディズニーランドの横に勘太ワールドがオープンした。

作家勘太先生の妄想は、まだまだつづく。

ワタやん

こんばんは〜♪
妄想は楽しいですよね。
レッドカーペットを歩くワタやんが目に浮かびます。

「レッドカーペット」

ワテはレッドカーペットを歩いていた。
それはひょんな事から俳優に転身してしまったのだった。
元々ワテは東大阪市で鉄工所の社長をしていたんや。
腕には自信があり、クライアントの評判もなかなか良かったんやで。
ある日、地域の防犯のDVDを制作することになってな
撮影当日、犯人役の役者が急遽病気で来れ無くなってもうたんや。
そこで、ちょっとドスの効いているワテに白羽の矢が当たったんや。
ホンマ、まいってしもうたで。

「ふふふ…。この子の命が欲しかったら、金持って来んかい!」
ギラリと睨み付けるワタやん!
「ワレ!早よせんと、ホンマにこの子の命は無いぞ!」
迫真に迫る演技だった!

「やめろ!止めるんだ!」
観ていたギャラリーが思わず声を出してしまうほどだった。

そして出来上がったプロモーションビデオが映画界のある巨匠の目に止まったんや。
「あいつは何て言う役者だ?」
なんとその巨匠は世界の白沢だった。
こうしてワテは白沢映画に出演!
映画は大ヒット!
アメリカでも上映された。

ワテはアカデミー助演男優賞にノミネートされたんや。

そしてワテは…。

「あんた!なん1人でブツブツ言ってんねん?
醤油が切れたさかい、コンビニで買うて来てや!」

「あ、はーい〜♪」
お母ちゃんの一言で我に返ったワタやんであった。

終わり

面白かったです!とても。
いいなぁ~私も映画に出てみたいです(笑)

有名になると、プライベートがなくなり、大変でしょうね…(苦笑)
心が折れそうになるかも…ですね。

こんばんは☆

笑えましたv-291
アリサヤスカンク攻撃は、ボクシングの技より強烈ですねv-237

物語が映画化されて、みんなスクリーンデビューですかv-290
女優アリサヤのライバルは『綾瀬はるかか石原さとみ!』す、すごい。
それならハリウッドデビューも出来そうですねv-353

ゴーストライターに愛人疑惑!(笑)
怖ろしい世界ですが、ますます本が売れる展開ではありませんか。
どんな事でも話題になるのはいい事ですよね。

ためらわず作家デビューしちゃって下さいv-8

No title

え~~っ!? v-405
映画に 出演するなら サインを 考えないと!  

それに エステに 行って キレイに しないと! v-352 
肌が 美しいと 映りも 良いし!

でも ・・・・  アカデミー賞でも 受賞したら どうしょ~?
自分で お祝いの 回覧板を 作らないと!

うわ~ やる事 イッパイあるな~ v-356

う~~ん? 私も 妄想の し過ぎ~ ? v-403
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。