ボクシングを始めた少女 その5

みなさん、ご訪問ありがとうございます〜♪

チヒロは絶好調だった。
この日はまゆ子も見に来てくれていた。
顎のギブスが痛々しい。
スピード、パンチの切れ共に申し分なかった。
この調子なら日本チャンピオンにも勝てそうだった。
あのスケ番崩れが良くここまで成長した物だとまゆ子は思った。
チヒロの武器はここ一番と言う時の集中力だ。
チャンスを絶対に逃さない!
またまゆ子譲りのパンチ力も健在だ!
何故、デビュー戦にこれ程の強敵を選ぶのだ?
正直デビュー戦で戦う相手では無い!
チヒロは試合数こそ少ないが試合内容は相手を圧倒しての見事なKO勝ち
なのである。
それを知らないわけでは無いだろう?
ひょっとしてそれ程自信があるって言う事なのか?
まゆ子はアリスの事を思い出した。
とてもあれがデビュー戦とは思えなかった。
そんなに王拳ジムの選手達は強いのか?
だとしても、今のチヒロ相手に勝てるとは思えない。

デビュー戦を明日に控えた日。
ワタやんはお墓参りに来ていた。
「かあちゃん、ミキを勝たせてやってくれ…。お願いだ!」
拝んでいるワタやんの後ろで
「こらこら!ワテはまだ生きれるでぇ!」
「ぎゃぁああああ!冗談だってばッ!」
いつも仲の良いワタやん夫婦である。


なこは女子ボクシングの試合の取材に来ていた。
初めて見るボクシングの試合!
なんでもデビューから3戦連続KO勝ちの凄い選手がいるらしい。
しかも相手は今日がデビュー戦とのこと。
それじゃ今日もまたKO勝ちで決まりよね。
実際なこは華々しい戦歴を作るために弱い相手と試合を組んでいると思っていた。
実際3戦連続KO勝ちなのに、今日がデビュー戦の相手と戦うのっておかしくない?
そう思っていた。
注目の試合は3試合目だった。
注目の選手、チヒロ選手だ!
キリッとしていて中々凛々しい。
そして対戦相手の選手は…?
まだ高校生見たいだ。
まだ可愛らしさが残っている。
それに緊張感が漂っている。
これじゃ可哀想過ぎるわ。
あまりに力の差があるように感じ、なこはどう言う風に記事に
まとめれば良いのだろう?と思っていた。

遂にミキの試合の日はやって来た。
「ミキちゃん、頑張るのよ!」アリスはミキに声をかける。
かなり緊張しているのが伝わってくる。
なんとかリラックスさせなくちゃ。
「浩一くん、ミキちゃんに声をかけてやって。」
アリスは浩一に言った。
今のミキには浩一の言葉が1番元気が出るだろう。
「ミキちゃん、落ち着いて、焦らず相手を良く見て行くんだよ。」
浩一は緊張しているのミキに声をかけた。
「あ、浩一くん!」ミキの顔が明るくなったのをアリサヤは感じた。
やっぱり今のミキには浩一が合ってるんだね。
ちょっと寂しく感じるアリスだった。
セコンドにはワタやんとRコーチが付いている。
チヒロはクラッシャーの後輩だ。
クラッシャーへの思いをミキにぶつけて来るだろう。
ミキちゃん、頑張るんだよ!

チヒロの調整は上手く行った。
誰が相手でも負ける気がしない、相手のミキと言う選手を倒し
アリスを引き摺り出し、クラッシャーの仇を討つ事しか考えていない。
クラッシャーも見に来てくれいる。
カーン!
ゴングがなった。
チヒロはデビュー戦で緊張しているミキに襲いかかった。
「ミキ!ジャブやジャブで攻めて行け!」ワタやんの声がこだまする。


落ち着け!落ち着くんだ!ミキは自分に言い聞かせていた。
相手が強敵なのは知っていた。
しかしそんな泣き言は言ってられない。
日々の辛い練習を思い出すんだ。
ミキはジャブを繰り出す。
チヒロはそれをブロックし、力強いパンチを放つ!
ミキは距離を取り、それをかわす。
上手い!
今日がデビュー戦だけど、幼い頃から基礎を叩き込めれてるっと言った感じだわ。
チヒロは思った。
まゆ子さんの仇を取ると言うより、この1戦を全力を尽くさないとヤバイわ。
息つく間も無い程の攻防!
打っては離れ、離れては打つ!ミキ。
ジャブをブロックしグイグイ間合いを詰めて来るチヒロ!
硬さも取れ、ミキは第1ランドを互角で終えた。
「中々良い動きよ。ジャブを的確に狙って行くのよ。」Rコーチの指示が飛ぶ!
ミキは浩一の姿を探した。
いた!リングそばで腕を上げて声援している。
ミキは嬉しかった。
201405180731406b9.jpg


ゴングと共に第2ラウンドが始まった。
「頑張れ!」ワタやんは祈る思いで声をかける!
20140518065550f47.jpg

ミキの動きは良かった。
浩一との練習でメキメキ上達して行った感じだ。
あいつはトレーナーの才能があるのかも知れんな。。。
ミキのジャブが的確にチヒロを捉える!
チヒロもミキのジャブを跳ね除けボディーから顔面へと打ち込む!
あーっ、良いパンチがミキに当たった!
フラつくミキ!
一気にたたみかけて来るチヒロ!
ミキは防御しながらもコーナーに追い詰められた。
相手のパンチに合わせるんだ!
タイミングを測るんだ!
浩一との会話が頭をよぎる。
ロープを回りなんとかコーナーから抜け出すミキ!
そしてチヒロのパンチに合わせパンチを出す!
カウンター気味にミキのパンチがチヒロを捉える!
一進一退のままラウンドは進む!
負けられない!まゆ子さんの為にも負けられない!
チヒロはつぶやく!
絶対に勝って見せる!


ユカ・メンドーサは世界チャンピオンの座に着いていた。
過酷な減量!厳しいトレーニング!
女子ボクサーの憧れの的だ!
この日もタイトルマッチを終え、防衛も10回を超えた。
次のタイトル戦はジャパンのジムからオファーが来ていた。
ジャパン?
ボクシング選手にとって日本人とのタイトルマッチは魅力だった。
兎に角ファイトマネーを吊り上げて破格の金額を提示して来るのだ!
ユカ・メンドーサは密かに来日していた。
そして幾つかの試合を観戦した。
日本はまだまだ女子ボクシングに関しては後進国だ。
そしてこの試合も会場の片隅で観戦していた。
この国は姫野ココロだけだと聞いていたがこの選手達も中々やるじゃ無い。
でも、まだ私に挑戦するのは早過ぎるわね。
そう思っていた時、アリサヤとすれ違った!
その時、お互い何かを感じた!
強い者同士が感じ合う強い何かを!
日本でこの感触を感じるなんて思ってもいなかったわ!
あの子は誰なの?
すぐに調べさせた。
20140518064042c67.jpg

アリス!王拳ジムのアリス!
「ふふふ…日本に来た甲斐があったみたいだわ。」
ユカ・メンドーサはポツリと洩らし会場を後にした。

試合は白熱していた!
ミキは浩一のアドレスを思い出す。
〜良いかいパンチを打つときこうやって拳を回転させるんだ!
相手のパンチに合わせ当たる寸前に回転させる!
するとの威力は倍増するよ!
名付けて必殺コークスクリューカウンターパンチ!
これがミキの必殺パンチだよ。

そう、私には必殺コークスクリューカウンターパンチがある!
チヒロはミキをコーナーに詰め
そして思いっきりパンチを打ち込む!
ミキもそれに合わせて必殺コークスクリューカウンターパンチを放つ!
会場が一瞬静まりかえる。
201405180722266df.jpg


試合はKOで決まった!
「良く頑張ったよ。デビュー戦にしては上出来だよ。」ワタやんが言った。
ミキはずっとうつむいていた。
そして浩一の顔を見ると泣き崩れた。
「ゴメンね。ゴメンね。浩ちゃん、ゴメンね。」

チヒロはパンチを振り下ろす!
ミキもそれに合わせパンチを放つ!
しかしミキのパンチは微かに外れ、チヒロのパンチが炸裂した。
ミキは倒れた。

「大丈夫だよ。勝負は時の運さ。次はきっと勝てるよ。」
浩一は優しく言った。
「うん。」ミキは泣きながら笑った。

20140518085259443.jpg





コメントの投稿

非公開コメント

yumeさんへ

こんにちは〜♪
今日も良い天気でした。
へへへへ〜♪
スーツ買っちゃいました。
洋服の◯山で買いました。


遂に姫野との1戦が決まった。
今までの相手とは違う!
ボクシングのセンスは抜群だ!

姫野はアリサヤの分析をしていた。
あの強いボクシングの割りには、まだ身体が絞れていない。
まだまだ身体を鍛え始めて間も無い身体つきだ。
恐らくスタミナはそんなに無いはずだ。
勝負は後半にした方が良いだろう。

そして姫野は必殺パンチに磨きをかけていた。
その名もココロボンバー!
正に爆弾のような破壊力だ!
ドバーンッ!
サンドバックを撃ち抜く!
ココロボンバー!炸裂!
サンドバックが舞い上がる!
恐らくこのパンチをまともに喰らって立てる選手はいないだろう。
アリサヤのカウンターパンチ対ココロボンバー!の対決だ。

そして決戦の日は来た。
会場はココロのファンで覆い尽くされている。

「良い?アリサヤさん!姫野ココロは完成さっれたボクサーだわ。
でもあなたならきっとやってくれると信じている!
頑張るのよ!」Rコーチはアリサヤに絶対の信頼をしている。
悲願の打倒姫野が叶うと信じていた。

カーン!
ゴングは鳴った。

アリサヤはジャブを出す!
姫野もジャブで応酬!

速いスピードの勝負だ。
軽いステップでパンチを放つ姫野!
軽くよけフックを返すアリサヤ!
それをブロックしストーリーを放つ姫野!

両者一歩も譲らず互角の展開で1ラウンドを終えた。
「中々良い調子よ!
焦らずじっくり相手を見て行って!」Rコーチが指示を出す。

2ラウンドが始まった。
素早いパンチの応酬が続く!
しかし姫野は勝負は後半だと自分に言い聞かせていた。
素早い連打で相手のスタミナを奪う!

清は翔太の事、百合子の事、そしてボクシングを始めた時のこと
プロテクトの事、デビュー戦でのアニマル浜口の事
色々思い出していた。

そしてこの姫野ココロ戦!
本当に良い試合だ!
アリサヤの身体を使ってボクシングを出来ることに感謝していた。

姫野のパンチは鋭くキレがあり、煌めいて良いパンチだ!
アリサヤは確実にパンチを決めて来る。
的確である。
そしてタイミングも確実に合って来ている。
カウンターを気を付けなければ…。
ココロはそう感じた。

一進一退のままラウンドは進む!
試合は後半に入った。

姫野の思惑どおりアリサヤのスタミナが切れて行くのを感じた。
狙いどおりだわ!

清はアリサヤの身体のスタミナを気にしていた。
トレーニングは続けていても、今まで素人のアリサヤの身体!
後半になるとスタミナが心配なのは事実だった。
しかしこうやってボクシングをさせてもらっているだけで
アリサヤに感謝している。
贅沢は言っていられない!
そろそろ姫野も勝負を掛けて来るだろう!

衝撃の展開がアリサヤを待ち受ける!

No title

こんにちは~♪

今度は、ココロさんとアリサヤさんの一戦になるのですね!

ココロさんは、アリサヤさんの弱点を握っている様ですね..
という事は、アリサヤさんの中の清の弱点を?
..次々と急展開ですね~☆
  ユカ・メンドーサ!こちらも気になります...

ミキちゃんの、きらり涙のイラストはとても可愛いですねv-344

アリサヤさん

おはようございます〜♪
ミキちゃん、負けてしまいました。
でも浩一の優しいフォローで立ち直って行きます。
清と浩一の違い。
清は目標に向かって突き進む。
ミキの想いは目標に向かう為の糧としている処があります。
浩一は自分の事より、相手を思う気持ちが強いですね。
だからミキも浩一には素直になれるのだと思います。
浩一は選手としてより、トレーナーとしての才能の方が強い見たいですね。

遂にまゆ子さんの仇を討てる!
チヒロとアリサヤの試合が始まった。
「良いか!あいつのカウンターには気を付けるんだぞ!
けして大振りはするな!」
会長がチヒロに声をかける。
「ハイ、わかってます!」
チヒロはアリサヤのビデオは何回も何回も見ていた。
1ラウンド開始のゴングが鳴った。
会場には姫野ココロも観に来ていた。
勝った方が自分に挑戦して来るのだ。

チヒロはスピードを生かしグイグイ攻めて来る。
アリサヤはそれを風のように交わす。
しかし交わす方にチヒロのパンチが飛んで来る!
かなり研究しているようだ!
「なる程…なるな!」
アリサヤの中の清は思った。
〜だ大丈夫なの?〜アリサヤは清に言った。
「ああ、心配いらないよ。」
アリサヤはチヒロの猛攻をブロックで防ぎ、距離を測るようにジャブを出す。

1ラウンドが終わった。
「良いぞ!良い動きだ!」
会長がチヒロに言う。
「いや、余裕を持ってよけられている感じです。チキショー!」
2ラウンド開始のゴングが鳴った。
チヒロは飛び出し、連打を放つ!
アリサヤもタイミングを図ったようなパンチが飛び出す!
ひとつ一つがチヒロに的確に当たる!
アリサヤはチヒロをコーナーに追い込んだ!
「なんて的確なパンチなんだ!」
チヒロが苦し紛れに出したパンチにカウンターを合わせた!
チヒロは崩れ落ち、まゆ子の敵討ちも崩れ去った。
ぐあぁああああ!まゆ子さん!ゴメン…。
チヒロは倒れ起き上がることは無かった。
見事なKO勝利だった。

「くっ、なんて強さなの?!」
姫野はアリサヤを見つめた。
いよいよ次は姫野との一戦だ!
しかし姫野はアリサヤの弱点を掴んでいた。

No title

こんばんはv-280
負けちゃったけど、ミキちゃん頑張りましたね。
泣き顔のイラストがかわいいです。
ミキちゃんって、清には押しかけ彼女で姉御っぽかったのに、
浩一には素直に甘えている感じですねv-290

心姫さんへ

こんにちは〜♪
ミキちゃん、負けてしまいましたね。
ショックです…。
でもまだ若いからこれから頑張ってくれるでしょう。

ミキは悔しくて、敗戦の後も練習に励んだ!
その後、ミキは復帰戦を勝利で飾り、その後も勝ち進んだ。
イチゴもデビューを果たし、只今3連勝中だ。
そしてチヒロは念願のアリサヤとの試合が決まった!

チヒロもアリサヤも連勝中だ。
勝った方が姫野ココロに挑戦!
また、その勝者が世界王者ユカ・メンドーサと対戦させると言う話が有力視されていた。
そしてイチゴもその後に続いている。

チヒロにとってやっと巡って来たチャンスだ。
まゆ子さんの仇を取る!
チャンピオンと戦うより嬉しかった。

チヒロはスピードパンチ力共に成長していた。
只々アリサヤと戦う事だけを夢見て辛い練習に耐えて来た。
そして決戦の日はやって来た。

こんばんは~

ミキちゃん負けちゃいましたか。
しかしますます浩一との距離が縮んできましたね。
そして気になる選手がまたあらわれました。
今後のアリサヤさんの試合が、
どうなっていくんでしょう。
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }