スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドローイング・バック 9

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

井口はプロテストで清にやられてる挫折した。
そしてアメリカにひとり渡ったのである。
挫折して強くなる。
なかなかそう言う人はすくないのかも知れません。
でも誰でも挫折は味わった事はあるよね。
それを糧に頑張って行きたいですね。

清は走った。
前世界チャンピオンとの一戦が決まった。
伝説のチャンピオン マイケル・ゴードンだ。
井口くんに敗れて、今度は死に物狂いでぶつかって来るだろう?
勝てるのか?
勝たなくちゃいけない!
井口さんと戦う為にも
ミキちゃんやワタやんのためにも
そして自分自身のために

マイケルとの試合は三ヶ月後!
そして勝ったら、いよいよ世界挑戦だ!
清は厳しい練習をこなして行った。
井口の成長も凄いが清の成長も凄かった。

試合は日本で行われることになった。
なんとゴールデンタイムにTV放送もされる事になった。
世界タイトル戦並みだ!

マイケル・ゴードンが来日!
スパーリングを公開!
なんとスパーリングの相手はアニマル浜田だった。
「良いか浜田、お前のパンチをマイケルにぶつけてやれ!
倒しても構わないぞ!
お前の力を見せる良いチャンスだ!」
浜田陣営の会長が言った。
「俺のパンチを受けて立っていられる奴はいないぜ!」
カルロスの公開スパーリングが行われた!
場所は浜田陣営のジムだった。
報道陣も沢山訪れ
「これは良い宣伝になるわい!」
浜田陣営の会長はホクホクだった。
井口に敗れたとは言っても、伝説の前チャンピオン!
「アノトキハタマタマチョウシガワルカッタダケダ
コンドタタカエバカナラズカテル!」
マイケルは言った。
その言葉は力強かった。

スパーリングは始まった!
浜田は自慢の強打を武器にマイケルに襲いかかった!
「へへっ、一発で決めてやるぜ!」
ブンッ!
浜田のパンチが炸裂!
しかしマイケルの体がスッと消えた!そして鋭いパンチが浜田にヒットした!
どうなっているんだ?
浜田はマイケルを見た。
マイケルは余裕綽々でこい来いとアピールしている!
クソー!舐めやがって!
浜田はマイケルにパンチを繰り出す!
しかしまたスッと消えて浜田はマイケルのパンチを浴びた!
ドスン!ドスン!
どれもこれも強烈なパンチだ!
浜田はロープに追い詰められサンドバック状態だ!
「もう止めてくれ!」
会長が叫んだ!
マイケルのパンチが浜田のテンプルに炸裂した!
ドッタ!
浜田は倒れた!
大丈夫か?
担架が運ばれた。
浜田の意識はまだ戻っていない!
報道陣は唖然とした。
みんな浜田の実力は知っている。
その浜田を一方的に…
しかもヘットギアを着け、分厚いグローブを着けているのに
あの破壊力!
まさに化け物だった!

新聞の見出しは踊った!
「伝説の前チャンピオン!まさに怪物!
スパーリングの浜田再起不能!
前回井口戦は調子が悪かっただけ!」
「強いマイケル!前回井口戦は拳を痛めていた!
タイトルは取り戻す!」
浜田陣営の会長の話
「全くレベルが違い過ぎた。
浜田に気の毒な事をしてしまった。
あんなに強いと分かっていたらスパーリングなんてさせなかった。」

あのアニマル浜田を一方的に攻め、再起不能にしてしまったマイケル!
清は大丈夫なのか!
試合の日は近づく!


清も世界トップレベルに成長!
次の試合勝てば、いよいよ世界タイトル戦だ!
しかし今度の相手は前チャンピオン!
破壊力は抜群だ!
あのアニマル浜田を再起不能に!
清はどう戦う?

ついに計量の日。
マイケルは清を見て
「あんな貧弱な奴が相手で大じぃうぶなのか?」
マイケルはトレーナーに聞いた。
「ああ、あいつはああ見えても、あの井口を一発でマットに沈めたそうだ!」
「え?あの井口を…?信じられない…。」
マイケルは改めて清を見つめた。
しかしどう見ても、奴が井口を倒したとは信じられなかった。

計量は2人とも問題なくクリアした。
いよいよ試合は翌日だ。
ミキは清に言った。
「明日、頑張ってね。
清が世界タイトルに挑戦なんて信じられない!」
「あはは…。明日勝ったらの話だよ。」
「絶対勝ってよ!ミキ応援してるから。」
「ああ、分かってるよ。ミキちゃん、ありがとう!」

ワタやんは木の陰から2人の会話を聞いていた。
「ミキも大人になりやがって…。」

いよいよ試合の当日!
後楽園ホール。
ボクシング会場としては伝統の場所だ。
今まで数々に名試合が行われた場所である。
なんとこの日、あの浩一がデビューするのである。

浩一はあれからボクシングを本格的に始めていた。
清との出会いで浩一の生活は一変した。
イジメられていた浩一は清から教えてもらったジャブを執拗に
何かにとりつかれたように繰り返した。
そう何か不思議な力が宿ったように急激に強くなっていた。
そしてボクシングジムに通い本格的にボクシングを始めていたのだった。
そして今日がデビュー戦!
今日、この日にデビュー戦を行うと言うことは、それなりに期待されて
いるのだろう。
頑張ってもらいたいものである。
もちろん、今の清に浩一を応援するような余裕は無い!
頭の中は、対マイケル戦の対策だけだった。

「む〜ん。。。。マズイな!」
ワタやんは唸った。
あのアニマル浜田がやられたとあって、必要以上に硬くなっている。
そんな中、同級生の子が今日デビュー戦を戦うとミキから聞いた。
ワタやんは清にその同級生の試合を見せることにした。

「えー?浩一くんがデビューするの?
全く知らなかったなぁ。。。。」
清は本当にビックリしていた。
「きっと清を驚かそうと思って黙っていたんやな。」
ミキが笑いながら言った。
ふふふ…。少し緊張が解れて来てるみたいや。
浩一はんに感謝やな。

浩一の試合は始まった。
基本に忠実なスタイルだった。
特に清が教えたジャブは、清の教えを忠実に守っている感じだった。
鋭いジャブジャブ!
それだけでもう相手を圧倒していた。
ステップの華麗さ!
畳み込むスピード!
どれも素晴らしかった。
デビュー戦は浩一の圧勝だった。

清は浩一と目が合った。
「あっ!清くん!」
浩一は大喜びしていた。

よし!自分も頑張るぞ!
浩一の試合は清に勇気を与えた。

いよいよマイケルとの試合は間近だ!
念入りに身体を解す清!

会場には翔太や百合子!
昔の仲間の面々が応援に駆けつけてくれていた。
「清ー!頑張れ!」そんな声援が沢山かけられた!

いよいよ清とマイケルの試合が始まる!
清は勝てるのだろうか?

コメントの投稿

非公開コメント

なこさん

こんばんは〜
清の勝ち!
見事に的中でしたね。
裏をかいて清の負けにしようかな?とも思いましたが
そうすると話が長くなるので、清の勝ちにしました。;^_^A

井口と清は揃って勝利をおさめた!
清は世界ランク3位まで登り詰めた。
井口のボディーブローか清のカウンターか?
ボクシングファンの盛り上がる。

ミキは清と歩いていた。
「桜もちっちゃたわね。」
清とこうして2人で話すのはいつ以来だろう。
清は壮絶な戦い、過酷な練習。
そして不利な条件でも相手を倒して行った。
「清、マイケル戦凄かったな。
あんな強敵をまさか1ラウンドで倒すとはビックリしたで。
ホンマ清のカウンターは凄いわ!」
ミキは清に寄り添って歩いた。
本当に怖い程順調だった。
いよいよ井口との世界戦。
井口君は強敵だ!
カウンター対策も練られているだろう。
しかしやるしか無いんだ!
そにために僕は頑張って来たんだから!
しかしこれに勝つと次の目標は何なんだろう?
いや、井口との対戦に集中しよう!
清は、井口戦の後を考えると少し不吉な予感がしていた。

清はミキとの甘い会話も程々に練習に打ち込んで行った!
不安を蹴散らす為にまた練習!
その勢いはワタやんのミットを弾き飛ばす程だった!
「フーッ、お前課題だったパンチ力も見に付けて来たな。
もう充分ハードパンチャーの仲間入りだ!」
清はもっともっとパンチを磨かなくてはと思っていた。
こんな物じゃ足りない!
もっと強烈なパンチを打たないと井口君には勝てない!

「おい!井口!飛ばし過ぎだ!ペースを抑えろ!」
ボブは叫んだ!
気持ちは分かるが飛ばし過ぎだ!
ボブは井口のペースを抑えるのに必死だった。
他の連中には、もっと練習しろと発破かけるのに
井口の場合はペースを落とせ!と逆の事を言っている。
こんな奴は全く初めてだぜ!
ボブは井口にカウンター対策をしっかり教えていた。
ボブは今までの数々のカウンターの名手を見て来ていた。
もちろん、その長所も欠点も熟知していた。
独自に清のパンチの癖、カウンターの取り方もタイミングも
井口に叩き込んだ!
もはや井口は清のカウンターをもらう事は無いだろう!
まさに井口はパーフェクトな選手だ!
きっと偉大なチャンピオンになるだろう!

清のカウンターは徹底的に分析されている!
清はどう戦うのか?
試合の日にちはちかづいて来ている。
3ヶ月後
会場はなんと武道館だ!

No title

昨夜は私も観てましたが
長谷川穂積☆あっという間に残念でしたね...v-12

いよいよ、こちらでは、清と井口の対戦が始まるのですね!

わぁ~どんな戦いにv-354楽しみ★*☆♪


yumeさん

おはようございます〜。
昨日、ボクシングを見ました。
7時過ぎ、何時からかな?と思って新聞を見ると7時から!
もう始まっていました。
長谷川穂積、もう1ラウンドが終わって2ラウンドが始まるところ
なんだか調子悪そう!
1ラウンドに良いパンチもらったのかな?
と思っていたら、2ラウンドダウンを奪われ一方的な試合になりました。
もう全盛期のスピードもパワーも感じられず、残念でした。

さてさて、清とマイケルの試合!

マイケルはパンチを打ち込む!
清はそれをかわし、ブロックする。
清はジャブを出す!
マイケルは軽い身のこなしでそれをかわす。

「防御は鍛えられている。
この前のスパーリングの選手とは大違いだ。
しかしパンチ力はそれ程あるとは思えない。
井口を倒した秘密が潜んでいるとは到底思えない!
悪いが俺のサンダーパンチで早い回に倒させてもらうぜ!」
マイケルは早い回での勝利を確信していた。
マイケルのサンダーパンチ!
デビュー以来このパンチで相手をなぎ倒して来た。
破壊力抜群の左ストレートだった。
ジャブジャブ!
ワンツー!
マイケルは容赦なく打ち込む!
そしてとどめのサンダーパンチが炸裂した!
バキッ!
グワッ。。。。
マイケルは膝から崩れ落ちた。
清のカウンターがサンダーパンチに合わせて火を吹いた!
「グアァ。。。。これだったのか。。。
井口を倒した秘密は。。。」
マイケルは薄れ行く意識の中でつぶやいた。
レフリーが試合を止めた!
なんと清が前世界王者のマイケル・ゴードンを破った!
会場は割れんばかりだ!
こんなに進化していた清!

ちょうど同じ時期、井口も指名試合を行っていた。
挑戦者世界ランク1位のジョー・マッケンジーと戦っていた。
初回から井口のボディーブローが炸裂!
挑戦者はマットにうずくまった。
強い!井口!

こうして井口と清戦いが現実の物となった。
宿命のライバル!
井口と清!
ついに決着の時が来た!

心姫さん

おはようございます〜
今日はボクシングの試合がテレビで放送されますね。
長谷川穂済頑張ってもらいたいです。

ついに清とカルロスの試合が始まった。
カルロスは今だに信じられなかった。
このひ弱なボーイが無敗で勝ち上がって来たとは
おまけにプロテストの時にあの井口を1発で倒したなんて…。

カルロスは貧しい貧困の国で育った。
窃盗や犯罪がはびこむスラム街。
力だけが頼りだった。
彼がここで這い上がるにはボクシングしか無かった。
ジムにはカルロスのように這い上がる事を夢見て沢山の少年が
集まっていた。
その中で這い上がれるのはホンの一握りだった。
カルロスはグングン頭角を表して行った。
カルロスのボクシングセンスは群を抜いていた。
プロデビューすると次から次に相手を倒して行った。
カルロスの戦い方は芸術的だった。
観客を惹きつけるパンチ!
観客は熱狂した。
彼は世界王座の地位に登り詰め
防衛記録も10回を超えた。
レジェンドチャンプ!と評された。
しかしその彼にも年齢の衰えは隠せなかった。
15回目の防衛戦。
相手は若い東洋人だった。
東洋人のジャブは良いカモだった。
実力は無いくせに、資金を背景に巨額なファイトマネーでタイトル戦を組んで来る。
あまりに早く倒しては気の毒だと思うくらいジャパニーズの選手とは
力の差があり過ぎた。
井口戦もそう言う心の緩みがあったことは確かだった。
しかし彼は今までのジャブとは違っていた。
それでも俺は試合を有利に進めていたし、勝てる自信はあった。
あのボディーブローを喰らうまでは…。
あんな強烈なボディーブローは初めてだった。
その後の井口は容赦なく畳み込んで来た。
この俺様を相手にである。
俺は世代交代の時期を感じた。
俺はマットに沈んだ。
このボクシングを始めて初めての事だった。

俺は引退を考えた。
もう充分戦った。
そんな俺に再戦の話が持ち上がった。
相手はあの井口を1発で倒した事があると言う事だった。
俺は興味を注がれた。
あの井口を1発で倒すとはどんな奴なんだ!

それが今目の前にいるこの貧弱なボーイだったとは…。

ゴングは鳴った!
悪いがこんなボーイ!
1発で沈めてやるぜ!
カルロスは勢い良く清に襲いかかった!

つづく

No title

愈々佳境に入ってきましたね。

浩一のデビュー戦の勝利を観て
清は勇気と落ち着きを取り戻せましたね。
良かった!

カルロス戦は清の勝ちですね!
これは私にも予想出来ますよ。(笑)

こんにちは~♪

まさか浩一も清と同じ道を歩んでいたとは...びっくりですね~

いよいよ!清&カルロスの試合ですねv-42

ドキドキしますv-354

清や井口に更に浩一の今後...?

こんばんは~

清や井口も気になりますが、
浩一もボクサーになったんですね~。
しかもシッカリ強くなってるし。
そしていよいよ清の試合ですね。
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。