「ドラえもんと僕…その8」

おはようございます。
今日は仕事関係の総会があります。
その後、懇親会。
美味しいお刺身が沢山出て来ます。

「ドラえもんと僕…その8」

ドラえもんは大好きなおやつの
どら焼きを食べようとしていた。
じっと気になる視線…。
見張り家庭教師のカーくんがじっと見ている。

見張り家庭教師のカーくんは、仕事を終えようとしていた。
もはやのび太はカーくんが見張るまでもなく、黙々と勉学に励んでいた。
そのカーくんがじっとドラえもんのどら焼きを見ている。

「もう〜仕方ないなぁ〜。
君も食べるかい?」
多分要らないと言うだろうと思いながら
ドラえもんはカーくんに訊いた。
するとかーくんは嬉しそうに
ドラえもんからどら焼きを半分貰って、美味しそうに食べ始めた。
20150426095835ab6.jpg

「えー?ロボットなのにどら焼きを食べるの?
って僕もロボットだった…(⌒-⌒; )」
2人が仲良くどら焼きを食べている時、テレビが臨時ニュースを伝えて来た。

〝緊急速報!
緊急速報!
謎の巨大UFOが小学校のグランドに着陸しました。
巨大UFOは光る光線を発射し、体育館を破壊しました。
とても危険な状態です!
只今自衛隊の戦闘機も現場に向かっています″

「えー!あれはのび太くんが通っている学校じゃ無いか!」
ドラえもんとカーくんが空を見ると自衛隊の戦闘機が飛んでいる!
「大変な事が起こったぞ!
のび太くん達は大丈夫かな?
僕らも学校に向かおう!」

〜のび太くん!無事でいてくれよ!〜


学校はパニックだった。
校庭のグランドには、巨大UFOがそびえ立っている。

その巨大UFOの上部が開き、宇宙人が現れた。
まるでスターウォーズに出て来るダース•ベーダのようだ!

2015042608182725c.jpg


黒い衣装に鉄兜!

〜地球の諸君!
この星は我々が頂く事になった。
愚かな人間どもは奴隷として、我々のしもべとなるのだ!
刃向かう者は抹 殺する!〜

宇宙人のメッセージはTVを通じて全世界に発信された。

そして巨大UFOは、各主要都市に向けて光線を発した!
各主要都市でUFOが放った光線により大爆発が起こり
幾つかの都市が消滅した。
全世界に恐怖が訪れたのである。

戦闘機が飛んで来る!
そして巨大UFOに攻撃を発するが、学校全体をバリアで囲んで
いるらしくバリアの境界で爆発するだけだった。
外からは、誰も侵入出来ない!

そう、宇宙人と対抗出来るのは、バリアの中の僕らだけだった。
しかし宇宙人達が校舎内に入り込んで来た。
みんな悲鳴とともに逃げまわる!

銃を構えた宇宙人達が次々と子供達を捕まえUFOの中へ捕獲して行く。
僕らは逃げた!
大半の子供達が捕まってしまった。
無論先生達もだ!

僕らは、以前イタズラをしている時に見つけた
秘密の地下室に身を潜めた。
しかし見つかるのも時間の問題だろう。

「私たち捕まったらどうなっちゃうの?」
静香ちゃんが泣きながら聞いた。
「それは分からない。
奴隷として働かされるか?
人間を調べるための実験台にされるのか?
それとも奴らの食料とされてしまうのか?」
出来杉君がそう言うと
「いやー!」
静香ちゃんがまた泣き出した。
ジャイアンツもスネ夫泣いているー。

その時、宇宙人達の気配が近づいて来た。。
ついにここも見つかってしまったのか?

「ど!ドラえもんー!助けてくれー!」
関連記事

「ドラえもんと僕…その7」

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

ちょっと忙しく更新をおサボりしていました。
その間に気が付けば一つ歳が増えてしまいました…(⌒-⌒; )

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

翌朝、出来杉くんは目を覚ました。
もう焦りは無い。
出来杉くんは昨夜の夢を思い出していた。
あれは本当に夢だったんだろうか?

学校に行くと、出来杉くんは彼女を探した。
あれ?
あの子がいない。
不思議な女の子。
と…振り返ったとき彼女はいた。
優しく微笑みかけるような気がする。
20150419085224118.jpg

出来杉くんは彼女に声をかけた。
「おはよう。
ねえ、変な事聞いちゃうけど
君、昨夜僕と会わなかった?」
彼女はキョトンとして
「え?何の事?」
彼女は不思議そうな顔をしていた。
やっぱり夢だったんだ。
しかし何で夢にあの子が出て来たんだろう?
でも、夢の彼女の言葉で出来杉くん焦りが消えたのは事実だった。


「ドラえもんと僕…その7」

僕は学問が楽しくてたまらなくなっていた。
出来杉くんとテストで競い合った。
そして僕らは学校の勉強だけに留まらず
2人で色んな研究をするようになっていた。


「おい!のび太、
どうすれば成績が伸びるんだよ?」
ある日、ジャイアンとスネ夫が聞いてきた。
「そうだね。
取り敢えず明日授業で習うところの教科書を
読んでおけば良いよ。」
僕はジャイアンに言った。
「えー?それだけ?」
「ああ、それだけだよ。」
本当にジャイアン達が真面目に明日の予習をし出したら
きっと成績も上がるはずだ。

ジャイアンとスネ夫は、のび太の言う通り
次の授業で習うところを予習し始めた。
少しずつだが成績も上がって行った。

そして次のテストが戻って来た日。
「やったー!
初めてテストで50点以上取ったぞ!」
ジャイアンは大喜びだ。
僕と出来杉くんは共に100点だった。
「君たち2人は、本当に凄い!
先生も鼻が高いよ。」

その時だった。
突然、グウオオオオオオオオ!と激しい音と共に教室が揺れ出した。
凄い揺れだ!
いったいどうしたんだ?
僕と出来杉くんは急いで窓の外を見た。
グランドに巨大なUFOが不時着していた!

「あれは何なんだ!」
出来杉くんが叫んだ!
その巨大なUFOが銀色に輝き
突然光線を発射し、体育館が爆破された。

20150419084913136.jpg

キャーッ!
泣き叫ぶ女子たち。
先生も腰を抜かしている。
そしてUFOの上部が開き、宇宙人が現れメッセージを発した。

〜我々は銀河暗黒星雲の者だ。
今からこの星は我々が頂く!
刃向かうものは全て抹殺する。〜

なんと言うことだ!
大変な事が起こってしまった!

「ドラえも〜ん!」
僕は大声でドラえもんを呼んだ!



関連記事

ドラえもんと僕…その6

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

昨日、Twitterにメッセージが入っていた。
返事を送ったあと、プロフィールを見て見るとかなり若い子だった。
親子程の年の差だ。
僕は学生時代を思い出した。

下宿のすぐ近くの飲み屋さん。
そこでオジさんと意気投合。
もう少し飲み足りない僕たちは
そのお店でウィスキーのボトルを買って僕の部屋で飲んだ。
そのオジさんは青春について語っていた。
残りのウィスキーは飲んどって良いからねと言って帰って行った。
そのオジさんとは、その後会うことは無かった。
オジさんは今の僕より若かったかも知れない。
でも、もうこの世にいないかも知れないなぁ。

きっと彼が僕の歳になった頃には、もう僕は
この世にいないんだろうなと思った。

「ドラえもんと僕…その6」

僕は勉強が楽しくなって来ていた。
どんどん新しい知識を吸収して行く。
僕はかなり先の予習までしていた。
そしてテストがある度に成績を上げて行く。

「それでは今日もテストを返します。
呼ばれたものは前に出てもらいに来るように。
剛田タケシくん、33点!
スネ夫くん、30点!」
何時ものようにテストが返ってくる。
201504051058546e1.jpg


みんなの関心は、僕の点数だった。
どこまで点数を伸ばして行くのか?
「のびくん、85点!
静香くん、83点!」
おおっ、ついに静香ちゃんを抜いた!
「出来杉くん、95点。」
このままで行けば、出来杉くんを抜くのも時間の問題かも知れない。

また次のテストでは
「のびくん95点、静香くん80点!
出来杉くん98点!」
いよいよトップの出来杉くんに肉薄して来た。

出来杉は、のび太の影に怯えていた。
今まで1度もトップの座を譲った事は無い!
それがのび太が凄い勢いで迫って来る。
そしてのび太に成績を抜かれて、のび太から見下され
笑われる夢にうなされていた。
どうしたら良いんだ…。

出来杉は夜の校舎に忍び込んだ。
そうテストの問題用紙を盗むためだ。
「負けたくない。負けたくない…。
のび太くんに負けたくない。」
真っ暗な職員室先生の机を探し答案用紙を探した。
その時、後ろからそっと肩を掴まれた!
心臓が止まるほどの驚きだった。


夜の校舎。
職員室、テストの問題用紙を探している出来杉。
突然肩を優しく摘まれた。

「うわっ!」
出来杉くんは驚きのあまり声を上げた。
腰が抜けてしまいそうだった。
恐る恐る振り返ると、そこには少女が立っていた。
見たことがあるような無いような不思議な少女だった。

少女の輪郭がなんだか少し光って輝いているように見えた。
「出来杉さん、何をそんなに焦っているの?」
少女は言った。
「あなたはこんな行動をしなくても
立派な成績を納めているわ。
人は人。
何も焦らなくても大丈夫よ。」
不思議な少女だ。
「き、君は確か…。」
そう同じクラスの子だった。
何故、こんな夜の校舎にいるんだ?
それより、この子の名前が出て来ない。
同じクラスの子のはずなのに…。

「私は本当はずっと昔、学校の階段から落ちて死んでしまったの。
霊として長い間彷徨い
どれだけの月日が経ったか分からないある日
気が付いたら、あなた達のクラスにいたの。
とても楽しいクラス。
いつもテストで0点だったのび太さんが、あんなに努力をして。
でも、あなたはあなたよ。
堂々と受けて立ちなさい。
そしてお互いに競い合って伸びて行くのです。
さあ、もう帰りましょう!」
彼女がそう言って、腕を振ると一瞬周りが光り出し た。
そして気が付くと出来杉くんは家のベットで寝ていた。
「あれ?
あれは夢だったんだろうか?
言われて見れば、彼女の言う通りだ。
僕は何を焦っていたんだろう?
でも、不思議な夢だったなぁ。
明日、彼女に会って聞いて見よう。」
不思議な少女だったなぁ。
彼女は本当に幽霊なのかな?
そんな馬鹿な事はあるはず無いよな…。
出来杉くんは、もう一度眠りについた。
関連記事

ドラえもんと僕…その5

みなさん、ご訪問ありがとうございます〜♪
先日、時計を買いました。
良い時計を買おうと思いながらも、やっぱり特売品を買ってしまいました。

カシオのソーラー電波時計!
税別九千五百円の物が七千円でした。
お気に入りです〜♪(o^^o)

「ドラえもんと僕…その5」

ドラえもんが出してくれたロボット。
そのロボットが突然喋り出した。
「ボクは見張り家庭教師カーくん。ヨロシクであります。」
小ちゃくて可愛らしいロボット、カーくん。
「ああ、僕はのび太、のびのび太。よろしく。」
この可愛らしいロボットがあんなに厳しいロボットだったなんて
僕には想像すら出来なかった。

「ピーッピーッピー!それでは早速勉強を始めるデス。
さあ早く机に向かって教科書を開くであります。」
僕は見張り家庭教師カーくんに急かされて勉強机に座った。
「ふふふ…。のび太くん、頑張るんだよ。
僕も君の頑張りに期待しているからね。」
そう言ってドラえもんはタケコプターで窓から飛んで行ってしまった。
「ああ、ドラえもん…。」
僕がドラえもんが飛んで行った窓の外を眺めていると
「ピーッピーッピー!勉強するであります!
まず、今日習ったところを復習するであります!」
カーくんに言われ、僕はランドセルから教科書とノートを取り出した。
良く考えたら、僕は授業の復習なんて、今まで一度もした事が無かった。
僕は教科書を開いた途端、眠くなってしまった。
「ピーッピーッピー!」カーくんの激しい警告音に僕は叩き起こされ
今日習ったところを読まされた。
そしてまた睡魔が…。
どうやら僕は勉強に向いていないらしい。
教科書を見るだけで眠くなる。
これでは、0点取るのも仕方ない事だ。
しかしそんな僕をカーくんは見過ごしてくれなかった。
カーくんの警告音にも慣れて来た頃、またも睡魔が…。
その途端激しい電流が僕を襲った!
「ぎゃぁああああああ!」
それは眠気も吹っ飛ぶほどだ。
2015040105261129a.jpg

「勉強するであります!」
僕は教科書を読み始めた。
復習と言ったって、授業中、ろくに先生の話なんて聞いて無かったから
教科書を読んでも、全く分からなかった。
しかしウトウトするとカーくんの電流が襲って来るので
僕は教科書を見ると眠くなる癖だけは改善されて行った。
兎に角、全然分からないなりにも、僕は今日の授業の復習を終えた。
考えたら、まともに勉強をしたのは、生まれてはじめてかも知れない。
僕はいつも勉強をすると言っては、教科書を開いた途端居眠り
すぐ漫画の本を取り出したりして、今までまともに勉強をした事が無かった。

「あー!疲れた。
カーくん終わったよ。」
僕はカーくんに自慢気に言った。
するとカーくんは
「ピーッピーッピー…。
それは今からランニングを始めるであります!
まず何事も体力を付けるのが大事であります!」
「えー?今からランニング?
冗談じゃ無いよ!勉強が終わったんだから遊ばせてよ!」
僕はカーくんに訴えた!
「ピーッピーッピー!ダメであります。」
僕が逆らおうとするとまたしても、カーくんの電流が飛んで来た!
「わーっ!分かったよ!」
僕はランニングを始めた。

走り出すと、静香ちゃんに出会った!
何と言うラッキーなんだ!
「静香ちゃん!遊ぼう!」
静香ちゃん、なんて可愛いんだ〜♪
「ピーッピーッピー!ダメであります!
走るであります!」
無情にもカーくんが許さない!
「ふふふ…。のび太さん、頑張っているのね。」
明るく笑う静香ちゃんを後に僕は、走らされた。
「ああ…。静香ちゃん…。」
走るって言ったて、僕はまともに運動なんてしたことが無い。
すぐにヘトヘトになってへたり込む。
そんな僕をカーくんは甘やかせてはくれなかった。
30分くらいのランニングだっただろうか?
僕には10時間くらいの長い時間に感じた。
ヘロヘロになって家に帰りつくとまた机に向かう。

「ピーッピーッピー…。復習の後は、次は予習をするであります!」
僕は明日、習うであろうところの教科書を読み始めた。
予習をしたのも生まれて初めてだった。
僕がまた気が散り始めると、カーくんは言った。

「ピーッピーッピー!あの悔しかった思いを思い出すであります!」
僕はあのジャイアンに殴られて泣いた悔しい思いが蘇った。
そして涙ながらに教科書を読んだ。

翌日、学校の授業。
授業中、あれだけ先生の話が呪文のように聴こえて
何を言っているのかサッパリ分からなかったのが、今日は分かる!
昨日、教科書を読んでいたところを先生が話している!
まるでタイムマシンに乗って過去に戻ったような感覚だ!
こんな感覚は初めてだった。
退屈だった授業が楽しい!
僕の中の何かが弾けた気がした。

家に帰って、すぐに授業の内容を忘れないように復習をした。
そしてその勢いで予習も終わらせた。
不思議だ!
こんなにスムーズに勉強が出来るなんて!
僕はカーくんを連れ出しランニングに出かけた。

翌日、またテストがあった。
今までは全く分からなかったのが
今日は幾つか分かるのがあった。
そして僕は帰って、テストで分からなかったところを調べた。
「何だ!こんな事だったのか?
どうしてこれが分からなかったのかなぁ?」

翌日、テストが返って来た。
「それでは、昨日のテストを返します。
呼ばれた人は前に取りに来なさい。
剛田タケシくん!28点〜
スネ夫くん!30点〜。」
そして先生は僕のところで顔色が変わった。
「のび、のび太くん!48点!」
教室がざわめく!
「のび太さん、凄いわ!」
静香ちゃんがそう言ってくれた。
「のび太が俺様より良い点を取るなんて信じられん」
ジャイアンが大きな声を上げた。
「のび太のくせに生意気だぞ!」
スネ夫のその声にみんなが笑った。
「のびくん、やれば出来るじゃ無いか!
先生は信じていたよ。」
先生は涙を流しながら言った。
クラスのみんなが拍手をしてくれた。
僕は嬉しくて涙が出て来た。
あの彼女も喜んで拍手をしてくれていた。

学校の帰り、ジャイアンが待ち構えていた。
「おい、のび太!
俺様より良い点を取るとは良い度胸だな!」
顔を真っ赤にして拳を握り締めている。
「そーだ!そーだ!のび太のくせに生意気だぞ!」
ジャイアンが僕に殴りかかった時

「やめてー!」
あの彼女が止めに入った。
彼女はジャイアンの前に立ち塞り
「のび太さんは、努力しているのよ!
なんでそれがいけないの?」
彼女の膝は震えていた。

「ちぇっ、帰ろうぜ!
女の子に助けてもらうなんて情けねーの!」
ジャイアンはとスネ夫は、そう言って立ち去って言った。

「き、君は…?」
僕は彼女に聞いた。
「なんで僕を助けてくれるの?」
彼女は言った。
「ふふふ…。努力しているのび太さんって、素敵だもの。」
彼女はそう言って、走り去って行った。
201504020602067d7.jpg

青春の胸の高鳴りを僕は感じた。
関連記事
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }