スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもんと僕…その4

みなさん、ご訪問ありがとうございます〜♪
昨夜は飲み会でした。
ちょっと調子に乗って飲み過ぎてしまいました。(ーー;)

「ドラえもんと僕…4」

授業が終わり教室を出ようとすると
静香ちゃんがチラッと僕の方を見て、出来杉と並んで楽しそうに
帰って行った。
「し静香ちゃん…。」

そして僕が教室を出ると、あの子がいた。
僕をじっと見ている。
「どうしたの?」
僕は彼女に声をかけた。
すると彼女は悲しそうな顔をして言った。
「のび太さん、なんで頑張ろうとしないの?
みんなにバカにされても
どうして平気でヘラヘラ笑っていられるの?」
彼女の言葉は胸に刺さった。

ジャイアンとスネ夫がまた
「0点のび太〜♪」と笑いながら走って来た。
「キャッ」
その時、振り回していたジャイアンの手がその子に当たり
彼女が倒れた。
「おっ、悪りぃ悪りぃ…。」
そう言って、ジャイアンが過ぎ去ろうとした時
僕は何とも言えない思いが胸から湧き上がって来た。
「おいっ、ジャイアン!待てよ!
ちゃんと彼女に謝れよ!」
僕はジャイアンに大声で叫んでいた。
「何だと〜!」
ジャイアンの顔が真っ赤になっている!
「のび太のくせに生意気だぞ!」
スネ夫が言う。
「兎に角、キチンと彼女に謝れ!」と
言いかけたところにジャイアンのパンチが飛んで来た。
僕は一発で倒されてしまった。
「俺様に説教垂れるには10万年早いんだよ!」

「のび太さん、だいぶ?」
彼女が心配そうに言ってくれた。
僕は情けなかった。
あんなジャイアンやスネ夫にさえ、腕力だけじゃなく
テストでも負けているなんて…。
その時、彼女が言った。
「大丈夫よ。あなたはやれば出来るわ。」
僕は泣いた。
なんでこんなに涙が出て来るんだと思うほど泣いた。

僕は走って家に帰った。
「ドラえも〜ん!ドラえもん〜!
頭の良くなる道具を出してくれよ〜!」
僕は泣きながらドラえもんに言った。

「のび太くん〜、一体どうしたの?」
僕はドラえもんに言った。
テストで、0点を取ったこと、
彼女に言われたあの事も
そしてジャイアンに殴られて悔しくて泣いたこと。

「ふ〜ん…。それで僕に頭の良くなる道具を出して欲しいの?」
ドラえもんは、なんだか冷たい視線で僕を見ていた。
「のび太くん、君の悔しさはそんなもんだったの?
流した涙はそれくらいの思いしか無いの?
僕に頭の良くなる道具を出してもらって頭が良くなれば
良いの?
そんな道具を使って、頭が良くなっても彼女は喜ばないよ!
自分の努力で掴み取るんだ!」

ガーン。
なんだか漫画のドラえもんとは、ちょっと違うぞ?
しかし確かにその通りだった。
僕は安易にドラえもんに頼り過ぎていた。

「ふふふ…。
でも、やっとやる気を出してくれたようだから
良い物を出して上げるよ。」
ドラえもんはニヤニヤ笑ってボケットの中を探り出した。
「え?ナニナニ?何を出してくれるの?」

「ジャーン!
見張り家庭教師!」
ドラえもんは、小ちゃい人形のようなロボットを出してくれた。
「ふふふ…。
これは、せっかく君がヤル気を出したのを
サボらなように見張ってくれるロボットさ。
これで思いっ切り努力で出来るよ!」
2015032910455582f.jpg

なんだか飛んでも無い物が出て来たような気がするぞ…。
関連記事
スポンサーサイト

「ドラえもんと僕…その3」

みなさん、ご訪問ありがとうございます〜♪

すっかりおサボりしてしまいました。
ダイエットも頑張って続けています。
しかし中々引っ込んでくれないこのお腹…(⌒-⌒; )


「ドラえもんと僕…3」

僕は教室に向かった。
早速テストがあった。
何と言っても小学生!
いくら頭の悪い僕でも、小学生の勉強くらいは簡単に出来るはず …。
しかししかし…。
全くのチンプンカンプンだ!
どうなっちゃったんだろう?
勉強の知識ものび太になってしまったんだ!

「えー、この前のテストを返します。」
先生がテストの答案用紙を手に持ってそう言う。
「呼ばれた人は、前に取りに来なさい。」
先生が一人ひとり名前を呼び上げる。
「剛田タケシくん、25点!もっと頑張るように!」
「はーい。」ジャイアンが恥ずかしそうに答案をもらいに行く。
「スネ夫くん、28点!」
「ハーイ」
「のびのび太くん!」
僕が呼ばれた。
「はーい」
僕は大きな声で返事をした。
「のびくん、また0点!
これで3回連続0点じゃないか!
まあ、のびくんじゃ仕方ないか…」
先生はあきらめ顔でテストを返してくれた。
スネ夫が「ワーイ!のび太また0点0点〜♪」と
囃し立てる。
みんなも笑っている。
静香ちゃんや出来杉も…。
201503280439319df.jpg

僕も愛想笑いで、ヘラヘラと笑った。
その後も先生はテストを返している。
「静香くん、85点。出来杉くん、98点…」
僕だけが0点だ。

帰り道スネ夫とジャイアンが僕の頭をゴンッと叩いて
「0点のび太〜♪0点のび太〜♪」と
からかいながら走って行った。

僕はこのドラえもんがいる世界に来ても
僕は僕のままだった。

次の日、重い足取りで学校に行った。
そしてまた前回のテストの答案が返って来た。

「剛田タケシくん、30点!今回は頑張ったな。」
先生がジャイアンを褒める。
嬉しそうなジャイアンだ。
「スネ夫くん、33点。」
そして僕が呼ばれた。
「のびのび太くん。また0点!
全く困ったもんだね。」
ジャイアンやスネ夫が「0点のび太〜♪0点のび太〜♪」と
大声で叫び出す。
みんなも大声で笑っている。
僕は泣きたくなった。
静香ちゃんも笑っている。
僕は泣きたい気持ちを抑え、ヘラヘラと笑った。
すると1人だけ笑って無い子がいた。
目立たないけど可愛い子だ。
彼女ひとりだけが笑っていなかった。
悲しそうな目で僕を見ていた。

僕はなんだか胸が傷んだ。
関連記事

ドラえもんと僕…その2

みなさん、ご訪問ありがとうございます。

最近、ルームランナーで走りまくっている勘太です。
おかげでだいぶビール腹もへっこんで来たような…気がします。

ところで、
ドラえもんがいてくれたらなぁ〜とみんな1度は思いますよね。
色んな道具を出してくれて
冒険の始まりだ!と

のび太になった僕はどんな冒険をするのでしょう?

「ドラえもんと僕…。その2」

僕は目が覚めるとのび太になっていた。
僕はドラえもんと一緒にいるのび太を羨ましくて思っていたが
のび太自身に憧れていたのではない。
しかし僕はのび太として生活することになった。

「のび太くん、急がないと学校に遅刻しちゃうよ!」
ドラえもんが僕を急かす。
「じゃ、ドラえもん。
タケコプターを出しておくれよ。
タケコプターで空を飛んで行けば、学校なんて
あっと言う間に着いちゃうよ。」
僕がドラえもんにそう言うと
「ダメ!絶対ダメだ!
ちゃんとみんなと一緒に歩いて学校に行くんだ!」
ドラえもんは怖い顔をして僕に言った。

「ちぇっ、全く融通が利かないんだから!
タケコプターくらい出してくれても良いじゃないか…。」
僕は母さんが作ってくれた朝ごはんもそこそこに
慌てて家を出た。

走って学校に向かって行くとやっとみんなに追いついた。
「あっ、静香ちゃんだ!
おーい、静香ちゃん〜♪」
僕は両手をバタバタさせて静香ちゃんに近づいた。

「あ、のび太さん。おはよう。」
静香ちゃん、漫画と一緒で本当に可愛いなぁ〜。
「静香ちゃん、一緒に学校に行こう。」
僕は静香ちゃんと一緒にいられて幸せな気分だった。

201503142324403e0.jpg


「ゴメンなさい。
今ちょっとお勉強の事で出来杉さんに色々聞いているの
悪いけど、1人で行って頂戴。」
そう言う静香ちゃんの横に出来杉がいた。
「のび太くん、悪いな。」
そう言って2人は楽しそうに仲良く歩いて行った。

何なんだよ〜!
僕はただ2人をじっと見つめるだけだった。

関連記事

ドラえもんと僕

僕は何をしてもダメな人間だった。
仕事をしても全く契約を取れないし
まさに会社のお荷物だった。
それでも妻は
「頑張って…
あなたはきっとやれば出来るわ。」
と言ってくれる。
僕にはこの妻のミヨコの言葉だけが救いだった。

僕は大学を卒業しても、なかなか就職が決まらず
なんとかリホームの営業の会社に入るとこが出来た。
しかし高額なリホーム、そう簡単に契約など取れるはずもなく
同僚が契約を取ってくる中、僕1人だけが契約を取れないでいた。

「キミ!全く契約を取れないで会社のお荷物なんだよ!
給料泥棒も良いところだ!
今日、契約を取って来なかったらクビだからな!」
毎日、営業部長から怒鳴られている。

「あ〜あ…。
俺は全くダメな人間なんだよな。
あ〜あ…。ドラえもんがいてくれたらなぁ。」
漫画好きな僕は、いつもドラえもんに助けてもらっている
のび太が羨ましくてたまらなかった。
「僕もドラえもんに助けてもらいたいよ。」

そしてまさか本当にドラえもんが現れるとは…。
いや、まさか自分が…。

朝 、目覚めると、お母さんの声がした。
「のび太〜。早く起きないと遅刻するわよ〜。」
味噌汁の良い香りがする。
「む〜ん…。もう少し、もう少しだけ…。」
僕は気持ち良い布団の中からなかなか出られないでいた。

「む〜ん、もうしかな無いな〜。
のび太くん、早く起きなよ。」
僕は何だか聞き覚えの声に布団から顔を出した。
ピントが合わないが、青いタヌキが…。
いや、メガネをかけて見ると
なんとドラえもんだ!
僕は布団から飛び起きた!
えー?
ドラえもんがいる!
やったー!
夢が叶ったんだ!
僕はドラえもんに抱きつき飛び跳ねた。

「もう、のび太くん何やってるの?
早く朝ごはん食べないと遅刻するよ。」
え?なに?
のび太くん??
僕は鏡を見て驚いた!
なんと僕はのび太になってしまっていた。

20150312061626190.jpg
関連記事

ご無沙汰してしまいました。

みなさん、ご訪問ありがとうございます。
確定申告、請求書の作成など忙しく
更新をおサボりしてしまいました。

また物語も書いて行きたいと思います。

取り敢えずご挨拶だけ…(#^.^#)

20150311060904612.jpg
関連記事
プロフィール

kantakun007

Author:kantakun007
初めまして
勘太と言います。
よろしくお願いします。
下手ですがイラストを描くのが好きです。
暖かい絵を描きたいなぁ。

最新コメント
カウンター
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
最新記事
楽しい物語
ちょっと不思議な楽しい物語がいっぱいです。是非読んでみてね。
リンク
くろックCute DC01
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
{\rtf1\ansi\ansicpg1252 {\fonttbl\f0\fnil\fcharset0 ArialMT;} {\colortbl;\red255\green255\blue255;\red0\green0\blue0;\red255\green255\blue255;} \deftab720 \pard\pardeftab720\sl320\partightenfactor0 \f0\fs26 \cf2 \cb3 \expnd0\expndtw0\kerning0 \outl0\strokewidth0 \strokec2 \ \ \ }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。